圧倒的なさわやかさに加え、嫌味のない優しさ、そして、さりげない自然な女性への対応・・・それが”ハーブ王子”こと山下智道さんの印象だ。

 

 

しかし、僕が持ち合わせていないものばかり持っているこの男の野草に関する知識とその世界に引き込むトークが実に軽快で面白い。

 

今日は、このハーブ王子たちと美味しい浜辺の野草を求めて海散歩。

 

この場所は、釣りや自然観察などで何度も訪れたことのある馴染みのフィールド・・・こんな場所で??という疑問を心に抱きながら散歩が始まったが、今まで見た風景とは全く別の世界を見せてもらった気がする。

 

例えば、本日採取したい目玉の一つでもある「ボタンボウフウ」を見つけると・・・

 

 

沖縄では「サクナ」とか「ちょうめいそう」、、、そう長生きの「長命草」ってよばれて、料理とか民間薬にも使ってるんです。ポリフェノールが豊富で食物繊維が多く、鉄分も・・・・といった感じでメモをするのも困難なくらい次から次へと野草に対しての伝えたい思いを口にしてくる。

 

参加者がアシタバとの差を質問すると 鋸歯の絵をノートに書きながら丁寧に説明してくれる。

 

時に料理の話となり、時に歴史の話になり、野草の由来に関しての造詣も深く、全く飽きさせない。

 

 

また、岩の下にひっそりと咲いていた斑入りのハマボッスを見つけたときなどは正直ビックリ。

 

その筋の人が見つけたら大喜びして育て、販売できるくらい貴重なものなのではないのだろうか?? 本人はケロッと説明し、観察を続ける。

 

とりあえず、今まで見向きもしなかったハマボッスだがドライフラワーにしたり、クリスマスシーズンに採取に来ようかな・・・そんなネタももらいました。

 

 

その他にも自生しているオカヒジキも初めて見つけて食べてみたり面白い時間を過ごせました。

 

 

今度、ハーブ王子とのコラボ企画企画してみたいです。


育児・保育園児 ブログランキングへ

少し早めの告知です。

 

8月25日(金)に くらき永田保育園開所以来最大最長の流しそうめんを行います。

 

その準備第一弾として、雨上がりの竹林の中へ。

 

 

急斜面の竹やぶから3.5メートルの竹を7本ゲット。

 

これで目標の25メートル流しそうめんの素材は整った。

 

 

園に戻り、なたを使って竹を半分に割り、節をトンカチで抜き、カンナをかけてあとは日陰干し。

 

 

真っ直ぐな竹を選んだつもりでも、やはり右や左に個性的に曲がっているが、僕には綺麗にそうめんが流れてくる風景しか想像できない。

 

繰り返します。

 

8月25日(金)夏のプレミアムフライデーは、保護者も参加可の納涼会&流しそうめんです。

 

半日有給もしくは夏休みを取得するなら、この日がおススメです。


育児・保育園児 ブログランキングへ

海賊キッドとの不思議な交流が続いている年長いきいき組の子どもたち。

 

今日はキッドのクルー(仲間)になるために、バンダナの染め物を行いました。

 

 

タイダイ染やら、草木染と今までもいろいろな染色を行ってきましたが、今回は初体験のベンガラ染め(泥染)です。

 

 

一緒にお手伝いしてくれるのは、湘南の染色家 itzeboo(いちぶ)の内藤正雄さん。

 

草・木・土・・・天然のやさしい色と環境にも配慮した「染め」が人気のアーチストだ。

 

 

泥染の面白いところは、型をつけたり、塗りつけたりと染色の方法が自由なところ。

 

 

子どもたちも誰一人同じような作品ではなく、個性的な表現が面白い。

 

玄関ホールで「干して」いますので、お迎え時にお楽しみください。

 

 

さて、海賊キッドはこの様子もどこかで見ているのでしょうか?

 

お泊り会まで約3週間。

 

一生忘れられない夏が始まります。


育児・保育園児 ブログランキングへ


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回ポチッとね!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other