みなさん、お待たせしました。

 

くらき永田保育園ではおなじみ、世界を股にかけて活躍するトラベリング「ひのきや」のライブが明日15日 15時30分から行われます。

 

 

たいこ、ギター、篠笛、鍵盤ハーモニカ、ウッドベースに加え、海外で手に入れた楽器や手づくりの小物楽器などから繰り出されるインスト曲が流れ出すと子どもたちのカラダが自然と揺れ始め、ライブの終了間際は毎回、会場が一体となってダンスダンスダンス。

 

最近では、世界各地のフォークダンス曲も加わって、お祭り感にますますみがきがかかっています。

 

 

「こんなにも人の心を掴んでしまっていいものだろうか!」

このキャッチコピーに出会ったのが、確か今から15年くらい前。

 

それ以来、ず〜っと「ココロを掴まれてしまっている」園長おススメのライブです。

 

みなさん時間を調整し遊びに来てください。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

「ゴキゲンザウルスGAOW」と「緑茶でチャチャチャ」のメジャーデビューに合わせ、10日(日)東京都食育フェスタに職員5名、子どもたち12世帯で参加してきました。

 

 

何をしたかというと、3万人が集まる食育イベントの最後を飾るプログラム、特設ステージで行われる食育ソングのコンサートで一時間歌って踊るという超特別な機会を与えられました。

 

 

当日を迎える前、敏腕行政書士であり、食育ソングライター小竹さんは、仕事の合間を縫って週に2〜3日は保育園に顔を出してくれました。

 

また、今回総合プロデュースをしてくれた平本さんも録音・編集・演出などボランタリーに裏方の仕事を行ってくれました。

 

 

そんな皆さんのおかげで、子どもたちが晴れ舞台に立つことが出来たのですが、大きなステージに建てたこと以上に 僕が素晴らしいなと思ったのはコンサート開始前の一時間。

 

子どもたちは、自分たちがステージに立つ前に「3じから、ステージでコンサートします。みにきてください。おこめまんもきます」とイベント会場に訪れた人たちに声をかけたり、掛けられたり・・・広い会場を歩き回り、目が合うと走ってそばに行きコンサートに誘う。

 

自分が行動することで、周りの人たちに影響を与えられることを楽しんでいるかのような態度は見ていて惚れ惚れしました。

 

この子たちが大人になって広い世界に出て行ったとしても自分らしく活躍してくれるのだろうと感じられた瞬間でもありました。

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

昨日の夕涼み会の資料をまとめていて感じるのは「ボランティアさんに支えられている」ということ。

 

保育園の子どもたちの活動を歌にした「ゴキゲンザウルスGAOW」を披露してくれた小竹さん。

 

 

オープニングを飾ってミニライブをやってくれた大和田さんと木村さんは、この日のために3度も保育園でリハーサルを行い準備してくれました。

 

  

 

バルーンとマジックを担当してくれた豊田さんは全ての風船がなくなるまで休憩も取らずに子どもたちにバルーンを作ってくれました。

 

 

誉工務店の武田社長のかき氷コーナーはいつ見ても長蛇の列。

 

夕涼み会では恒例の風景となってきましたね。

 

 

スズキさんのマルシェの野菜も完売、最後のピーマンをお買い上げのママたちと記念の写真です。

 

 

ブックマルシェのクーベルチップ中村さんと神保さんもすっかりママたちと知り合いになったようで絵本の話を楽しそうにする姿が何度も見られました。

 

くらき永田保育園の保育はこういったボランティアさんに支えられています。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

メーカーフェア東京が無事終了、保育園のブースに来てくださった皆さんありがとうございました。

 

今日も会場直後から切れることなく様々な方が訪れてくれました。

 

二日間いろいろな出会いもあり話したいことも沢山あるのですが、ちょっと触れておきたいのが「保育士さんのトーク力」の高さ。

 

 

主任は別としても今回連れてきた保育士5名にとっては初体験の慣れない仕事。

 

自分が開発にかかわったおもちゃの解説だけなら話すことが出来ても、ブースに訪れてくれる人はなにに興味を持ってきてくれたのかは千差万別。

 

 

相手の表情や視線を見ながら声をかけ、相手にあわせ話す内容を変えたり、言葉を変えたりといったトーク力は日頃の送り迎えの際の保護者との対応で身に付くものなのか??

 

 

高見先生ともなると店頭販売で買い物をしているお客さんが群がっているかのような景色になる。

 

みんな保育の奥深さ、保育の可能性を自分の言葉で語ってくれている。

 

地味な実践ではありますが、保育士の専門性の高さや 社会的な評価を高めていくには今回のような保育に直接関係していない人たちに保育のすばらしさを伝えていくことが大切なのかもしれないと思いながら頼もしい姿を眺めていました。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

 

清水ヶ丘公園で待ってます。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

強風が吹き荒れる丘の上に立つ保育士5名。

 

 

眼下に広がる井土ヶ谷の街並みを眺めている・・・・

 

小学校の入学式に出席した後、訪れたのは「清水ヶ丘公園」

 

そう、5月18日(土)に行われる親子遠足の下見兼打合せ。

 

ここ数年、親子遠足は金沢区の海の公園で行っていましたが、今年は潮干狩りでの大混雑が予想されるので会場を変更します。

 

 

清水ヶ丘公園は広域避難場所にも指定されている場所なので、この機会に場所を確認しておくのも良いですね。

 

当日は、公園の環境を活かした交流を準備したいと思います。

 

詳しいお知らせはおって連絡します。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

いよいよ明日は発表会です。

 

今回は保育指針改定後はじめての発表会です。

 

こどもの「表現」とはなんぞや・・・からはじまり、日々の保育を通じて「養護と表現」「思考と表現」といったテーマをもち明日を迎えます。

 

 

また、乳児クラスのプログラムに年長さんが登場するだけでなく、子どもたちのアイデア満載の演出が見所の一つになっています。

 

 

子どもたちの登場は9時半からですが、9時15分から当日を迎えるまでの子どもたちの様子を動画で紹介しますのでお楽しみに!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

11月28日(水) 新しいカタチの母親学級イベントあります。

 

 

https://babyco.co.jp/hahagaku/?fbclid=IwAR0vlmX7819HwkPNPb2ITnmuYuGtoZ12Xc1kLHXP2kRhDwjGQmSbS82WiwM

 

幸せを感じる出産&子育てに興味がある方は是非!!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

地震に風水害、日本のどの地域に住んでいても自然災害に関して安全な場所はありません。

 

特にこの夏から秋にかけて被災した保育関係者の話を聞いていると「発災直後」の初動が重要だなと改めて実感しています。

 

そこで、今回 アウトドアのスキルを防災に活用することも発信している STEP CAMPの寒川さんと ミニ炊き出しでブレーク中の減災ラボの西山さんの力を借りて 発災直後のワークショップ『保育園 de CAMP 2018」を11月7日(水)9時半から開催します。

 

 

今回行うプログラムは3つ

 

|箸鬚箸襦 ´灯りを確保する  2垢い食べ物を食べる

 

身近な新聞紙やエマージェンシーブランケット、また重ね着のポイントなどを学んだり、ペットボトルやコンビニの袋を使って灯りを確保したりという体験を行います。

 

現在10名の保護者のお手伝いが決まっていますが、興味がある方は事務所までお声掛けください。

 

プログラムの最後には大人向けの「新しい防災袋」という30分程度の講習もあります。

 

生きる力を楽しく実践して学び、そして備えたいと思います。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

いよいよ来週土曜日はハーブ王子こと山下智道さんによる野草ワークショップ。

 

最近ではテレビや雑誌などにも露出も増え活躍の場を広げているハーブ王子がくらき永田保育園の親子限定で行う特別イベントです。

 

 

今回はドングリクッキー作りと 野草の化粧水作り。

 

15日が締め切りですので、興味がある方はお早めに!

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other