こどもたちが自然とどのように関わり遊んだり学んだりしているかを実践発表する「野遊びアワード2020夏」が昨日の職員会議で行われました。

 

0歳児クラスは、「見て」から始まり野草の実という自然にかかわり対話していく様子。1歳児クラスは「におい」にフォーカスした実践。2歳児クラスでは育てたシソが「食育」活動に発展していく保育を発表してくれた。

 

乳児クラスの実践はどれも感覚を通して興味を持った自然物に対し子どもたちが働きかけ、気付きが芽生える様子が伝わってきた。

 

後半は幼児クラス、3歳児ははウッドデッキの下のドングリを取り出そうと試行錯誤する姿、4歳児は泥団子を通した学びと気付きと応用、そして、5歳児は色水が紫外線によって色水の色が変わるのではないかという疑問に対し答えを探していく保育実践だった。

 

3〜5歳児の実践発表はどれも「体験が学び」に繋がってくる姿が感じられる見ごたえのある発表でした。

 

「遊びは学び」という言葉は耳障りが良く、ついつい使ってしまうフレーズですが、どのような遊びが学びに繋がる姿なのかを職員間で確認するには、こういった実践発表を通してが一番効果が高そうだ。

 

3歳児クラスのウッドデッキの下に入り込んでしまったドングリを地面に寝そべって素洋服の汚れなど気にせず、手を伸ばし一生懸命採ろうとする姿は、微笑ましいこどもらしい姿だ・・・・

 

 

しかし、自分たちの手の届く範囲のドングリは全て取りつくされている・・・そんな時、近くを通った子どもが手にしていたフラフープを見て、閃いた!!

 

 

フラフープをウッドデッキの下に潜り込ませ、どんぐりを引き吊り出す作戦だ、さらに、どんぐりの位置を伝え合い協力してデッキの下のドングリを取っていく。

 

そして、子どもたちの興味はすでにウッドで樹の下のドングリではなく、木の上に青々とした今年のドングリをどのようにして手に入れようという事に向かっているらしい。

 

エンゲストロームの学習理論で説明したくなるような、気付きと学びの拡張。

 

 

見せてもらった割れて汚れたドングリは大人から見たら正直魅力はないが、この自然物が子どもたちに与えた影響は計り知れない。

 

他愛のない日々の子どもの姿の中にも学びは溢れている・・・そんなことを感じさせてもらった実践発表でした。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

富士山・夕日・波の音・潮風・焚火の匂い・・・まさに至福の時間。

 

 

大人たちは各々感動を口にしている。

 

一方、子どもたちは夕日などには目もくれずタイドプールでカニや小魚を追いかけている。

 

 

海は全ての世代を受け入れ、満足させる。

 

海は凄い・・・そんなことを再認識した「山の日」でした。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

8月8日、八朗の日は仕事をせずにお気に入りのスポットへ。

 

 

昔は自然に対峙して「戦っていく」ような姿勢でいたのだが、ここ数年は、自然に「構ってもらう」くらいの気持ちで遊ばせてもらっている。

 

 

とはいえ涼を求めて川を遡上するウオータークライミングは運動不足の僕には正直きつい。

 

同行してもらった仲間はスイスイ進んでいくが、こちらは石を飛び越えるのもビビリ気味・・・以前は、怖さなんて感じなかったのに齢をとったという事か。

 

 

しかし、冷たく澄んだ水をカラダ全体に浴びながら大自然に身を委ねている感覚は気持ちよい。

 

数時間活動しても出会った人は数名だけ、NO密な状態も心地よく頭の中のを完全リセット。

 

 

ヘトヘトになりながらも なんとか目的地までたどり着く。

 

 

足には擦り傷、左手首捻挫・・・ダメージを温泉で治しに行ってきます。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

慌ただしく生活していると目に留まらない小さな自然物。

 

そんな身近な葉っぱなどをこんな感じで飾ってみました。

 

 

作者はワークショップデザイナー アスペングローブの福本さん。

 

 

気軽に子どもたちでも出来るオブジェになりますね。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

4歳児の男の子が「えんちょうせんせい だんごむしってなんでもたべるんだよ」と得意気な顔で近寄ってきた。

 

絵本か何かでダンゴムシの雑食性を知ったらしい。

 

「ほんとかな〜? 好き嫌いないのかな?」

 

ということで、ダンゴムシのフードフェスという遊びをやってみた。

 

 

用意したのは、煮干し、鰹節、たらこ、メロン、せんべいの5種類。

 

その中に大量のダンゴムシを投入。

 

 

箱に入れるなり、ダンゴムシが活動開始、かつおぶしとメロンに人気が集まる。

 

そして、どんどん箱の周りに子どもたちも群がってきて・・・

 

 

「にぼしたべなよ」「こっちのほうが すいてるよ」とダンゴムシをレストランに導く子どもたち。

 

園長も覗き込もうとすると「えんちょうせんせい、こんど きゅうしょくたべさせてあげようか!!」ですって。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

2階テラスのハーブガーデンに咲いていたラベンダーを収穫。

 

 

さて、さて、これをどのように保育に活かすのか・・・腕の見せ所!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

今年すでに三回目になるドクダミチンキ作り。

 

今日は「ちぎる」大好きな2歳児すくすく組が大活躍。

 

 

テラスの机の上にはたくさんのドクダミの葉っぱ。

 

子どもたちは興味津々で集まってくるも 独特の匂いもあってか様子をうかがっているようです。

 

でも、「葉っぱをビンの中にたくさん入れてね〜」というと、驚くほどの集中力で黙々と葉っぱを千切っては入れ、千切っては入れ。

 

 

その楽しそう?な空気に誘われて、1歳児クラスの子どもたちも現れ一緒にお手伝い。

 

場の空気が良いと子どもたちが新しいものにチャレンジするときのハードルが一気に下がる典型的なシーンですね。

 

乳児期はこうやって世界を拡張していくのが一番楽しいのではないでしょうか?

 

 

ビンがドクダミでいっぱいになったら、35度の焼酎を入れて完成です。

 

数週間後に完成したドクダミチンキは虫よけスプレーにしたり、足湯として活用していきます。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

2階テラスのハーブガーデンの中に特別な香りがあるわけでもないのに、なぜか一本だけ異彩を放っていた樹。

 

しかし、ここでは存在感が薄く、実は美味しいし、珍しいこの樹の魅力を引き出すために子どもたちの目と手に届くところに植え替えました。

 

植替え初年度の今年は花が咲くのかな? 身はなるのかなと心配していましたが、例年通り梅雨入りに合わせたかのようにオレンジ色の花が咲いてくれました。

 

 

なんだかわかりますか?

 

正解は昔から「子だくさん、豊穣」を象徴する木として親しまれている『ザクロ』

 

保育園にザクロを植えたいなと思ったのは「鬼子母神伝説」を知ったからで、そこにザクロの果実が出てきます。

 

ある女神が子どもをさらって食べていたところ、お釈迦様が教えを諭しこれをやめさせました。

 

そのとき「人肉の味がする」ということで、ザクロを与えたようです。(味に関してはもちろん都市伝説)

 

改心した女神はそれ以降「鬼子母神(きしもじん)」として、子どもの守り神になりました。

 

そのため、子孫繁栄をあらわす縁起のよい果物「吉祥果」として昔から栽培されているそうです。

 

秋にはたくさんの実がなりますように!!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

梅雨の晴れ間、風もなく、気温は高く、ほどほどの湿度・・・決行するしかない。

 

仕事を終え、職員4名を引き連れて秘密の場所へ。

 

到着したのは7時半、丁度良い時間だ。

 

初体験の職員3名は園長が「今日は絶対だ!」というっているのに半信半疑。

 

しかし、数分後・・・梅の木の枝の中にほのかな灯り。

 

 

そう、毎年恒例のホタルの観察会を行いました。

 

今週がピークと睨んでいた通り、時間がたつにつれてフワフワとあちこちでホタルが舞いはじめる風景は何度見ても感動的。

 

手を伸ばせは簡単に捕まえられ、手のひらの中で瞬く様子に歓声が上がる。

 

 

一緒に観ていた2歳前のAちゃんもニコニコしながら蛍狩りを楽しんでいる。

 

この子が20歳になってもこの自然は残っているのだろうか?

 

20年後も同じように感動体験できるのだろうか?

 

 

そんなことを思っていたら手のひらの上で交尾が始まるという奇跡。

 

こんな特別な夜が20年後も続いていますように!

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

園庭のヤマモモが赤く色づいてきました。

 

 

普段は素通りしてしまうヤマモモの樹ですがに 先週くらいから樹の下から上を見上げる子どもの姿が見られるよう見なってきました。

 

一方、電線の上ではその姿を窺うカラスが数羽・・・

 

毎年、行われる子どもたちとカラスとのヤマモモ争奪戦。

 

 

それ以上に誰が、最初にこの赤い実を口にできるのか興味津々です。

 

生で食べるのも良し、ジャムやジュースにするのも良し。

 

また、年長さんにもなると脚立を使って大人でも手の届かない場所にある太陽の光をいっぱい浴びた甘くて大きな赤い実をとることだって楽しみのひとつです。

 

今週はヤマモモ収穫時期のピークと思われます。

 

どんなドラマが起こるのか、乞うご期待。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other