今年度二度目の中国からの保育視察団がやってきた。

 

今回の参加者は全て園長先生、予定時間より30分早く来所し熱い質問が飛び交う見学会となった。

 

 

教育や文化、歴史の違いなどもあり、見学を開始した時には保育観を共有するのは難しいと感じる場面も正直あったが、2時間以上同じ場面を見て話し合いを進めていくと不思議と「こども」を中心に置いた会話が成立してくるのが面白い。

 

 

「子ども主体」という視点に対し、何故?という疑問や、政治的な存在としての保育の意義は?といった質問には言葉に詰まる場面もあったが、一方で、保育の動線や 玩具への鋭い質問などは国は違っても保育に熱い人たちの視点は一緒だなと感心してしまう。

 

 

見学後には本を購入していただいただけでなく、生まれて初めてのサイン会での人だかり(笑)

 

子どものサイン(表出)に応じて保育を構築していく考え方に共感してもらえるとやはり悪い気はしない。

 

 

小さな交流ではあるが、異文化交流の意義を感じる半日でした。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

昨晩の暴風雨は物凄かったですね。

 

朝、保育園に来ると・・・

 

 

水遊びの際の目隠し用カーテンや下駄箱の棚が吹き飛び。

 

 

縛り付けてあったプールのロープが切れ、プールが傾きかけていました。

 

2階のテラスも排水溝が葉っぱなどで詰まり水浸し・・・

 

大きな被害はなかったものの これらの体験も糧にしてさらに災害時にも安心できる保育園にしていかねばと思います。

 

ちなみに職員は朝7時の時点で全員安否確認できましたので通常通り保育園は開園しています。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

小雨交じりの中での運動会の反省会や片付けを終えた後、リスク担当のM先生企画の防災・減災研修を行いました。

 

7月の西日本豪雨や今月の北海道胆振東部地震でくらき永田保育園と関わりの近い人たちが被災した。

 

現地の人たちのリアルな体験を耳にすると「子どもの命を守る」ためにも防災への備えをしっかりしなければと強く感じていた。

 

 

ハザードマップなどを確認してもくらき永田保育園の立地は比較的安全な場所だ。

 

しかし、各職員が勤務時間外に災害にあったら・・・

 

それを想定し、各自がレインコート、LEDライト、スマホの充電器、マルチツールなどM先生が選んだ12の防災備品を所持しているか、また、それを記入後、具体的な被災場面を想定し何が必要かを話し合ってもらった。

 

 

そして、現状を確認した後に改めて「防災・減災」のためにすべきことをグループごとに書き出しプレゼンする準備をしてもらった。

 

思っている以上に議論が盛り上がったため、各グループの防災プレゼンは来週の職員会議に延期となったが、台風が近づく前の研修で職員の防災への感度が高まってくれるのではないかと期待している園長です。

 

11月には消防署との合同防災訓練も予定しているほか、僕が得意とするアウトドアと防災の親和性の高さを活用した「防災イベント」も企画しています。

 

皆さん、楽しく備えましょう!

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

予報に反して朝から小雨交じりの運動会。

 

開会に先立って「乳児の競技は園庭で行います!」と宣言したものの開始早々雨脚が強くなる。

 

プログラムの順番を入れ替え、外でしかできない競技を急遽前倒し。

 

 

驚くべきは、その環境の変化に動じない子どもたちの適応能力の高さだ。

 

また、くらき永田保育園はもともと「保育に合わせて環境を変化させる」ということに 職員も保護者も馴れていることもあってか、大きな混乱もなく、室内に移動して競技継続・・・これらの動きに関しても撮影していたカメラマンさんも感心していました。

 

 

子どもたちが100%の力を発揮するためには、大前提として「安全と安心」が無くてはならない。

 

その「安心と安全」の空間と雰囲気を大人が阿吽の呼吸で作り出しているような感覚。

 

 

今回、司会と音響を担当した二人は変更変更の連続で大変だったでしょうが笑顔だけは最後まで守り続けていました。

 

そして、運動会後半、クライマックスが近づいてきたときに再度、保護者の皆さんにお願いし、園庭に移動。

 

しかし、今日の天気の神様はなかなか微笑んではくれません、園庭に出たとたんに また小雨が・・・

 

そして、観客の皆さんも感じたと思いますが、雨のことなど全く気ならないかのように自分の踊りに集中する子どもたちの姿は感動ものでした。

 

涙か雨かわからないけれど、タオルで目頭を押さえて見入っている保護者の姿も印象的でした。

 

 

園庭 ➡ 室内 ➡ 園庭という前代未聞の運動会でした。

 

今回、保育指針が変わったことを意識して、「やらせる運動会、見せる運動会ではなく ➡ 参画する運動会、試行錯誤する運動会」という方向性を大切にこの日を迎えました。

 

今日のような予想もしない事態の中でも 対応できる即興能力(インプロビゼイション)の力が試されたような一日でした。

 

最後まで子ども中心の運動会に協力していただいた保護者の皆さんと時間にも雨にも負けなかった子どもたちに感謝したいと思います。

 

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

雨続きの天候の隙間を狙ったかのように今日と明日の午前中だけは雨が降らない予報です。

 

明日は予定通り、運動会を園庭で行います!!!

 

園庭はすっかり運動会仕様になり、子どもたちの気持ちも盛り上がってきました。

 

 

今年度、柳の木の妖精との交流を楽しんでいる子どもたちは運動会のテーマも「フェアリードア」

 

妖精たちも一緒?に登場するという演出もあるようです。

 

子どもたちのアイデア満載の運動会、みなさんお楽しみに!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

「超ノート術」などでも有名な元、面白法人カヤックの人気クリエーター「佐藤ねじさん」たちが、保育園の「フェアリードアあそび」に参戦。

 

 

今回は、子どもたちのファンタジーの世界を拡げるだけでなく、保護者にむけて保育の現場で起こっている臨場感を伝えられないだろうかというチャレンジでもあります。

 

 

エピソード記録やドキュメンテーションなど保育の記録の手法は様々ですが、将来的な方向性で言えば動画中心の記録になっていくことは間違いないでしょう。

 

 

職員間の子どもの発達などの共有はもちろんのこと 保護者向けに保育を伝えるための手段は写真より動画になるだろし、それを単なる動画配信という枠組みだけでなく、「職場にいながらの保育参加」といった可能性も拡がります。

 

今回の記録は、編集し、皆さんにも是非見てもらいたいと思います。

 

子どもたちが、ファンタジーの世界をどのように楽しんでいるのか、リアルな会話と映像でお伝えしていきたいです。

 

お楽しみに!!

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

台風の影響もあり実施が危ぶまれていた夕涼み会ですが、園児や保護者だけでなく、卒園児や地域の親子なども参加してくれた盛大な行事になりました。

 

イベントの最初を飾ったのは「おと絵がたり」さん。

 

文字通り「音」と「絵」と「語り」で昔話などに独自のエッセンスを加えて演じてくれる楽しい時間でした。

 

 

桃太郎といったスタンダードな物語に加え、横浜の戸塚に伝わる昔話も興味深かったですね。

 

 

演者の皆さんはもともとは保護者として出会い、それぞれの特技や特性を活かしながら創作活動を続けているというパワフルな人たちでした。

 

 

第二部は園庭での盆踊りから始まり、保育室の中では様々なゲームが行われていました。

 

ゲームをお手伝いしてくれた保護者の皆さん本当にありがとうございました。

 

 

さて、その他にも栃木の尾田農園や 南島原素麺、永野鰹節店のマルシェは如何でしたが?

 

農家さんや生産者さんとのつながりが年々強くなり、様々な人たちが保育園に来てくれるようになっていること嬉しく思います。

 

 

さらに、忘れていけないは昨年に引き続き、かき氷屋をやってくれた誉工務店の武田社長。

 

今回は助手に張り付いていた男の子(写真左)は園長の次男でした。

 

その他にもアロマクリームのワークショップを行ってくれた高橋久美子さんのところにも、クーベルチップさんの絵本マルシェにも大勢の人だかりが出来ていました。

 

 

親子で製作したり、一緒に本を眺めている姿は見ているだけで、準備の苦労が吹き飛びます。

 

 

最後に西日本豪雨被害の募金にご協力いただきありがとうございました。

 

改めて報告を行いたいと思います。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

大きな被害もなく台風は過ぎ去ったようだ。

 

明日からは、またギラギラした夏が戻ってくるのかもしれない。

 

水分補給をしたり、日陰を作ったりはしているが、まだ出来ることはあるはずだ。

 

・・・ということで、作ってみました「可動式スプリンクラー」

 

 

家庭の庭用の5メートル程度に散水できるスプリンクラーを埋設するのではなく、移動可能な台に設置してみました。

 

テストしたところ、ミスト的な散水が良い感じ。

 

まだまだ続く夏の遊びが少しでも楽しくなりますように!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

ボランテァに入っている学生の様子を見に保育室に向かうと「えんちょうせんせい 良いネタが入ったよ」と声がかかる。

 

 

昨日から始まった「回転寿司」ごっこが早くもリアルに再現されているではないか!

 

カウンターに腰かけ、いくらとエビを注文すると、今度は「新メニュー始まりま〜す」

 

 

炙りサーモンとエンガワが登場したそうだ。

 

近くでは話合いをしながら年長児が新メニューの開発に余念がない。

 

 

「新鮮なものじゃないとだめだよね」と会話もホンモノ志向でビックリ。

 

 

はじめて板前として厨房に入った子どもにもスピードが要求され、お客さんを待たせないように一生懸命。

 

この遊びがどのように展開していくのか楽しみです。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

本日は今年度二回目の公開保育。

 

 

北海道、九州、四国等々30を超える保育園職員が集まり熱気むんむん。

 

 

今回は異年齢保育に興味を持つ方が多いのか、食事の準備段階から見学者の列が出来ています。

 

感心してしまうのは、子どもたち見学者がいようがいまいが、いつも通り遊び、いつも通り食事をし、いつも通り喧嘩もする。

 

いつも通りの生活が流れています。

 

現在、現場職員との意見交換会、そして、15時からは園長による特別講演です。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other