海賊キッドとの不思議な交流が続いている年長いきいき組の子どもたち。

 

今日はキッドのクルー(仲間)になるために、バンダナの染め物を行いました。

 

 

タイダイ染やら、草木染と今までもいろいろな染色を行ってきましたが、今回は初体験のベンガラ染め(泥染)です。

 

 

一緒にお手伝いしてくれるのは、湘南の染色家 itzeboo(いちぶ)の内藤正雄さん。

 

草・木・土・・・天然のやさしい色と環境にも配慮した「染め」が人気のアーチストだ。

 

 

泥染の面白いところは、型をつけたり、塗りつけたりと染色の方法が自由なところ。

 

 

子どもたちも誰一人同じような作品ではなく、個性的な表現が面白い。

 

玄関ホールで「干して」いますので、お迎え時にお楽しみください。

 

 

さて、海賊キッドはこの様子もどこかで見ているのでしょうか?

 

お泊り会まで約3週間。

 

一生忘れられない夏が始まります。


育児・保育園児 ブログランキングへ

保育専門雑誌の取材を受けたI先生とF先生。

 

 

なんともぎこちない演技と笑顔。

 

 

「ひろば」11月号に掲載されるようです。

 

ファンの方は必読ですね。


育児・保育園児 ブログランキングへ

京都での研修を終え4日ぶりに保育園に顔を出すと予想通り机の上には書類書類書類。

 

片っ端からメールを返信し、決裁事項に目を通す。

 

大切な仕事ではあるが正直楽しい仕事ではない。

 

ある程度めどが立ったところで、保育室や園庭・テラスを見に行く。

 

留守中の「保育の足跡」らしきもの探す園内散歩だ。

 

2階のテラスのいくと・・・・

 

 

ダイナミックに変化している。

 

野草を育てるための養生スペースがオープンになり、鉢植えの置き方などで子どもたちが遊ぶスペースと 観察したりするスペースの動線が分けられている。

 

ラベンダーなどの匂いを嗅いで楽しむようなコーナーまで設置されているではないか。

 

さらに地域の生き物たちが暮らす生活の森スペースのビオトープもメダカとヤゴが共生できるように手入れされている。

 

 

また、先週保育士にペンキと刷毛を与え、塗装女子が活躍していたのは知っていたが・・・

 

 

2階のテラスの机や椅子までが綺麗に塗られていた。

 

梅雨時期の保育を豊かなものにするために 小さな環境構成を整える作業が行われていた。

 

園長留守でも保育園は安泰だったようだ。


育児・保育園児 ブログランキングへ

2歳児の女の子二人が大型プランターの影でヒソヒソ内緒話。

 

 

こっそり近寄って眺めていると、二人の目線は真っ赤に熟したユスラウメにくぎ付け。

 

 

手を伸ばし、一粒つまんでじーっと見ていたかと思ったら・・・パクリ。

 

 

二人で見つめ合い、にっこり。

 

給食前の最高に贅沢な時間です。

 


育児・保育園児 ブログランキングへ

今年の保育園のテーマのひとつは「干す」

 

昨日は、干す面白さを保護者の皆さんにも体感してもらおうと「干しリンゴ」の試食会を行いました。

 

 

お味は如何でしたか?

 

想像していたものより、ずっとおいしかったですよね。

 

少量でも味わって食べると時間の経過とともに奥深い味の変化も感じられて面白いですね。

 

「干す」ブームも徐々に広がってきたこともあり、保育園の出入りの業者さんが育てたニンニクを持ってきてくれました。

 

乾燥の味方「ドラッピー」を活用するにしても、保育室中にニンニク臭が漂うのもいかがなものかと思い、今日の遠足に合わせ昨晩から生ニンニクを乾燥させてみました。

 

早朝、保育室にはいると心地よいニンニク臭。

 

そして、出来上がりは・・・・

 

 

実にイイ感じです。

 

さてさて、次に干されてしまうのは・・・・

 

 

 


育児・保育園児 ブログランキングへ

毎年恒例、程ヶ谷カントリークラブでの交流が雨の可能性もあるということで中止となりましたので、行き先を全国都市緑化よこはまフェア『Garden Necklace』の二つのメイン会場のひとつ『里山ガーデン』のグランピングサイトに変更。

 

 

空中に浮いたテントやハンモックに揺られ、森の中での非日常を楽しんだ。

 

 

でも、ゴルフ場を思い切り走り回る予定だった子どもたちにとっては、これだけじゃ物足りない・・・ということで、無料で遊べるアスレチックエリアへ移動。

 

 

 

うちの子どもたちは、こういった遊びの時のカラダはしなやかで美しい。

 

ぼくもこんなカラダの使い方が出来たなら・・・

 

そして、お弁当は木の香りのするフカフカのウッドチップの上で。

 

場所は変更となりましたが、カラダもココロも動かす遠足となりました。

 


育児・保育園児 ブログランキングへ

昨晩からの暴風雨の影響で園庭には大きな水たまり。

 

でも、こんな時だからこそ楽しめる遊びもある。

 

 

汚れることなど気にせず、水たまりの上をジャンプして、大きなしぶきが上がれば上がるほど誇らしげな表示に変わっていく。

 

その楽しそうな姿に魅了され、次から次へと子どもたちが集まり、誰が言い始めるでもなく、水たまりでのかけっこ大会。

 

 

乳児のクラスはどうだろうと2階のテラスを覗いて観ると、すでに給食を食べるためにお部屋の中に・・・

 

でも、遊びの軌跡は残っていました。

 

 

どろんこと太陽が愛おしい季節に移り変わっていくのが子どもの遊びからも感じられるのです。


育児・保育園児 ブログランキングへ

今日は保育園の年間計画をお伝えしたり、クラスの顔合わせを行う全体懇談会が開かれました。

 

今年も94%の保護者の方が出席という驚異の参加率。

 

 

保育への関心の高さが、うちの保育園の一番の自慢だと思っています。

 

今年度のテーマは「学び方を学ぶ」

 

この壮大なテーマを保育の中でどのように実現していくのかを伝えるのが園長の仕事。

 

今回は、くらき永田保育園「地域戦略元年」でもあるので、特別にF先生も登壇して語ってもらいました。

 

 

クラスの懇談会は終始和やかな笑い声が聞こえるのイイ感じ。

 

 

保護者の皆さん「ちょいデジ」「干す」「くらき米」「海賊」のキーワードで楽しい一年を作り出しましょう。

 

よろしくお願いします。


育児・保育園児 ブログランキングへ

じゃじゃ〜ん。

 

発表します。

 

新遊具の名前は「トリムの丘」に決定しました。

 

 

トリムとはノルウェー語で、船のバランスを取るという語源から発生し、心身ともに健やかに自分自身を調整できるように育ってほしいという願いを込めてヨーロッパ各地に広まった「トリム運動」の理念を参考にしています。

 

 

ドイツなどでは「運動によって、あなた自身をトリムしよう!」と呼びかけ身体運動を推奨しているそうです。

 

また、トリムという言葉は船舶用語でもあります。

 

遊具に登ったところから見える「広い世界」は船首から大海原を見渡すような気分になれるほどです。

 

 

保護者の皆さんも是非、遊具からの景色を体験してみてください。

 

また、実は遊具の裏側には木漏れ日が差し込むトンネルもあるのです。

 

 

この新コンビネーション遊具「トリムの丘」でどのような遊びの物語が始まるのか楽しみです。

 

 


育児・保育園児 ブログランキングへ

姉妹園の建替えに伴い壊されることになったコンビネーション遊具の部材をリノベーションし、山梨の山師さんから丸太を買付るなど様々な人に協力してもらいながら作ってきた新園庭遊具で今日は遊んでもらおうと思ったら生憎の雨。

 

子どもたちが遊ぶ姿が見られるのは、来年度に持ち越しとなりました。

 

 

全貌が明らかになってきた新遊具だが、実は、最後に取り付ける予定の隠し玉があるのだ。

 

この園庭改造を計画する段階から職員皆が望んでいた素材・・・

 

 

「水」

 

その水遊びの象徴として設置されるのが「水車」なのだ。

 

そして、今日、水車が保育園にお目見えしました。

 

 

まだ塗装はしていませんが、ホースで水をかけ動作確認したところ実に良い感じ。

 

園庭で育つのは「カラダ」だけではないという実践を来年度はもっともっと進めていきたいです。


育児・保育園児 ブログランキングへ


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回ポチッとね!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other