少女が作った手作りの案山子を壊さないで訴えるような瞳と見て見ぬふりの父を見た瞬間、少年たちの加虐性がむき出しになり、スイッチが入ったように暴れ、パトカーのサイレンがなると、一目散に走り出します。有り余るエネルギーと、それらを持て余していることからくる苛立ち、他者への攻撃性、小さなコミュニティーの中の上下関係・・・そして、中学生の少年がいじめをエスカレートさせ殺害してしまう事から映画は始まった。

 

 

一度は犯行を認めたものの息子の無罪を主張する母親の説得により否認に転じ、結果「不処分」となるが・・・少年と家族は正しく罰せられなかったことで皮肉にもさらに苦しい試練が次から次へと降りかかる。

 

この映画はフィクションではあるが、特定の少年犯罪にヒントを得て単純にエンターメント作品に仕上げたのではないことは、エンドロールでズラリと並ぶ参考文献の多さ見なくても伝わってくるくらい深く子どもの世界と向き合った作品だというのが一番の感想だ。

 

 

映画を観始めたときは“山形マット死事件” “川崎市中1男子生徒殺害事件” “神戸連続児童殺傷事件”などが頭に浮かび、「許された少年」の行為に対する「何故?」が頭に浮かんだが、物語が進むにつれて息子の罪を認めようとしない母親、ネットで誹謗中傷する匿名の人たち、そして、「裁かれないとおかしい」と少年を追い詰める同級生などなどあらゆる登場人物が加害者のように感じてくる。

 

そして、見終わった後の”モヤモヤ感”(これは良い意味で言っています)

 

少年犯罪は単純に「○○に責任がある」という論理では片づけられない。

 

許された少年以外の「許された友達」の苦悩については映画では全く語られていないが、見ている側の頭の中には別の苦しみを抱えて生きていくだろう「許されたこども”たち”」の存在は見えている。

 

そして、その”たち”になってしまう可能性は全ての人にあるのだと感じてしまうくらい観る者の倫理観や価値観を揺さぶられる良い映画でした。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

映画「スペシャルズ」を観てきました。

 

全編にわたり「やさしさ」や「他者への愛」が溢れまくっている映画でした。

 

 

主人公のブリュノは自閉症の青少年を支援する無認可の団体を運営している。

 

重い障碍と様々な課題を抱え、社会から見放された子どもであっても決して断ることなく「なんとかする」の一言で受け入れる。

 

当然施設は、いつもテンヤワンヤ、それだけでなく、さらに社会からドロップアウトしてきた無資格の青年を更生させるために雇い入れたりするものだから国の監査が入り閉鎖の危機となってしまう。

 

 

僕のように社会的養護系の分野から来た人間から見ると、社会からはじかれた人たちの最後の砦を守もろうと奮闘する名もなき英雄たちがカッコ良く見え、心の底から応援したくなる。

 

専門的な分野の人から見たら「えっ!」という場面も多々あるのだが、社会を変えていくためには、「なんとかする」の根拠のない自信で突き進む人の存在が必要なのかもしれない。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

先週の園庭は同時多発的な水遊びが流行っていたと思ったら、今週はあちこちでペイント遊び。

 

 

カラフルな園庭は、暑さも忘れさせ、そこにいる全ての人をハッピーな気分にさせてくれる

 

 

コンパネイーゼルには手形や筆で描いた線の他に 水風船やプラスチックのナイフ、葉っぱなどを使って描かれた模様などもあり、線や展の一つ一つがアートな感じ。

 

 

保育士の受容的な態度は子どもたちの躊躇するというブレーキを外し、いきいきと自分のやりたいことをやりたい場所で行っている。

 

遊びや学びを支えるためのオトナの役割が大きいことを実感する瞬間だ。

 

 

「こっちはコーヒーで、こっちはリンゴジューズ、あとね、ポカリもあるよ」と様々な色水でブレンドし飲み物を作り上げる子どもたちのセンスとそこに至るまでの試行錯誤に敬意の気持ちしか浮かばない。

 

夏は水や土や生き物たちと存分に対話してもらいたいものです。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

作詞・作曲 : 食育ソングライター 小竹一臣さん

歌     : 池上朝子さん(サンミュージック)

手話指導  : 盛山麻奈美さん・さとうゆきのさん

振付    : ダンサー KAORIさん

 

https://youtu.be/NCicgY9TQbE

 

くらき永田保育園を側面的に支えてくれているメンバーが作り上げた「お米音頭」がYouTubeにアップされました。

 

子どもたちも夏祭りごっこに向けて踊っていきます。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

井土ヶ谷在住の皆さんに朗報です。

 

くらき永田保育園に側面的に協力してくれているワークショップコンシェルジュの福本ミカさんのモノづくりの拠点『アスペングローブ』が満を持してオープンするようです。

 

アスペングローブ(aspen grove)は「ワクワクをつなぐモノづくり」をコンセプトに様々なワークショップを提供してくれるのですが、横浜や小田原を始め神奈川県産の素材(それもこだわりのモノづくりをされている職人さんたちが活用する素材)を使用したワークショップがウリなのです。

 

ですから、端材ひとつにも素敵なストーリーが流れていることもあり、出来上がった「モノ」が愛おしくなってくるようなモノづくり空間なのです。

 

https://aspengrove.jp/

 

ワークショップのオープニングは7月23日(木)〜26日(日)

 

メニューはカッサ・パスタメジャー・そして、ハワイアンシルバーアクセサリーだそうです(対称:小学生以上)

 

 

上の写真はシルバーの86(八朗)ピンバッジ・・・いいでしょ。

 

南区にどんどん人が集まれる魅力的な拠点ができると嬉しいですよね・・・アスペングローブ絶対おススメです!

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

来週のお泊り会で「おばけ森」へ探検に行く前にバンダナを染めてみた。

 

過去、タイダイ染めや草木染など様々な染色にチェレンジしてきたが、今回はテーマが「おばけ」ということもあり、子どもたちは「くら〜い」色に染めたいという。

 

そこで、久々に媒染液をみょうばんではなく鉄さびで行う錆びぞめに挑戦だ。

 

 

まずは園庭の北側に生えているイタドリの葉っぱと一緒にグツグツグツ。

 

そのあとに「鉄さび+水+酢」で作った媒染液の中に投入すると・・・

 

 

「わ〜」と驚きの喚声が上がる。

 

「さび」に良いイメージを持っている人はいないと思うし、子どもたちにとって錆といえば「茶色」というくらいの印象しかなかったようだが、実際には布には鮮やか「青」や柔らかい「赤」も入っていて大人も感動だ。

 

錆びぞめをやろうと決めてから、鉄を集め、そして、「水」と「熱」とで「さび」を育てるのが園長の役目だった。

 

毎日毎日「錆びていく」様を見ていると、緩やかに酸化を続け変化していく様子が、ゆっくりとおいていく自分と重なり、朽ちていくことも観ようによっては美しいなと勝手に感じていた。

 

もっと錆びさせたいなどと鉄の世界をコントロールしようと思っても思う通りにならないという自然界のルールを感じながらの作業も実は楽しかったりする。

 

そして、出来上がった作品がこれだ。

 

 

クールでしょ!

 

世界で一つだけのバンダナを持って来週金曜日は「おばけ森」に行ってきます。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

3か月間お休みとなっていた久保先生のわらべうたを本日から再開しました。

 

今日は流石に乳児さんクラスの子どもたちは泣いちゃったり、嫌がったりがあるのかな〜と心配していたのですが・・・

 

 

久保先生の優しい声が聞こえると保育室の空気が穏やかになるのだから わらべうたの力を改めて実感。

 

 

歌に合わせて名前を呼んでもらうとくすぐったそうな笑顔になり。

 

優しく握ってもらった手のひらを歌いながら人差し指でツンツンしてもらう。

 

 

そんな時間が心地よいのでしょう。

 

コロナで失われていた この穏やかで気持ちの良い時間こそ取り戻していきたいものです。

 

 

今年度は職員のわらべうた研修も事業計画に入れていたのですが、こちらもコロナの関係で延期となっていました。

 

 

職員のスキルアップが保育の質の向上に直結する研修でもあるので、そちらも仕切り直しです。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

卒園式前に必ず行っている事・・・ピアノの調律。

 

大切な一日のために最高の状態で全てを整えておくために毎年この時期に調律をしてもらっています。

 

あらゆる楽器には調律という作業が必要、その楽器が最も良い状態で音を奏でられるように演奏者は自分自身で調律を行いますが、複雑な構造と機能を持つピアノだけは「調律師」という専門の職業があり、彼らは「調律」だけでなく「整調」と走者に合わせた音色を出すための「整音」という技も使うのだという。

 

 

そして、くらき永田保育園のピアノを調律してくれるのは開園以来、いや、姉妹園からの付き合いも考えると40年以上お付き合いさせてもらっているのが本庄さん・・・僕から見れば音の魔術師だ。

 

 

 

毎年、作業の邪魔になること承知で魔術師とお話しする時間をもらっていて、その時間が実に心地よいのです。

 

穏やかで優しい物腰、言葉が洗練されていて、その言葉自体が音楽のように感じられる。

 

奥さんの介護をしながら静かな生活をしていたが、今年の5月にお嬢さんたちと同居が始まるそうだ。

 

若い時に購入した奥様のタンスを処分してしまう寂しさなどをポロッと口にしながらも新しい生活への準備と過去の想い出を整理しながら行っているそうだ。・・保育園のピアノはこんな優しい方に調律してもらっているのです。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

昨日、『小さな表現者展』が終了した午後、研修という名目で「ドラムサークル」を初体験。

 

 

チャイルド社の富永さんから紹介してもらったのがメディカルリズム協会の代表 若林さん

 

  

 

昨日はファシリテーターの野田さんと湯浅さんにもお手伝いいただき体験と座学の2時間のお勉強。

 

しかし、その2時間、参加者の表情は笑顔、笑顔、笑顔。

 

 

一番上のように参加者全員が輪(サークル)になり、パレスといわれる基本ビートを共有していくと自然発生的にその空間だけのグルーヴが生まれてくるのが実に心地よい。

 

誰もが、その場に「受け入れられている感」を持ち、個が尊重され、そして、なによりも”間違い”という概念がないのが良い。

 

 

誰も合意や結論を求めてはいないのだが、言葉など交わさなくても一体感が構築されていくのをみんなが感じているのが良くわかる。

 

 

調和がとれたシンフォニーというより、いろいろな音が合わさったポリフォニーという開かれた対話が行われているようだった。

 

保育の生活に「音」を取り入れていくのは意外と難しい。

 

でもドラムサークルというノンバーバルなダイアローグは”使える”と感じたのでした。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

『小さな表現者展』が始まる前、職員にお願いしたことは「子どもたちに湧き上がったこと、子どもたちに起こっていることを熱く語ってほしい」という事でした。

 

 

子どもたちの活動へのねらいや配慮の話もいいけれど、子ども一人一人が何を感じていたかという心の中で起こっているドラマを自分の言葉で語ってもらいたいと思いました。

 

 

上手にできたとか出来なかったなんて世界でなく、その子だけが感じた世界、まさしく子どもそのものという世界をしっかり見ていたことを伝えてほしいとお願いしました。

 

 

それが、本当の意味で一人一人を大切にしているという事だと思うので・・・

 

 

また、個人的に嬉しかったのが保護者の皆さんも本当にじっくり子どもたちの作品などに向き合ってくれたこと。

 

 

一枚の絵を通して子どもの素晴らしさを語り合えたり、自分の子ども以外の作品にも愛情と尊敬の想いを持ってみていただけたことに感激してしまいました。

 

遅くまで残って、工夫を凝らし小さな表現者展に向けて準備をした職員の頑張りが報われたのではないでしょうか。

 

ありがとうございました。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other