Lighting・・・これを「照明」と訳してしまった人の功罪は大きい。

 

コンビニやオフィスのように室内のあらゆる場所を「明るく照らす」照明が当たり前のようになっているが、昔の日本だけでなく、海外の映画などを観ていても感じるが、室内のあかりは「灯す」が普通であった。

 

その仄かな光と暗闇の中に最適化するように塗り物の器を作り上げたり、視覚以外の五感を駆使しながら食事などを楽しんだのだろう。

 

 

谷崎潤一郎は「陰翳礼賛」という随筆の中で、まだ電灯がなかった時代、生活と自然とが一体化し、真に風雅の骨髄を知っていた日本人の芸術的な感性を論じており、実にそれが痛快だ。

 

西洋の文化では可能な限り部屋の隅々まで明るくし、陰翳を消す事に執着したが、いにしえの日本ではむしろ陰翳を認め、それを利用することで陰翳の中で建築、紙、食事、化粧、能などといった文化や芸術を作り上げたことが書かれている。

 

そういう意味では、現代社会は視覚が優先しすぎる世界で、そのことで逆に見えなくなっているものが多いのではないか?

 

谷崎は言った「まあどう云う具合になるか、試しに電灯を消してみることだ!」

 

その言葉に挑戦状を受け取ったかのようにカメラマン出口信一は、ロウソクの灯りだけで食事を撮り、それを食すことで何かを感じたいと言い出した。

 

 

協力を申し出てくれたのは井土ヶ谷の隠れた名店「厨NASU」さん

 

お店が休みの今日、懐石料理の撮影&食事会が行われた。

 

 

店内の電気は全て消され、燭台の前に順番に並べられる膳や椀が、ロウソクのゆらゆら揺れる炎に照らされ、その陰に塗り物の深さや艶が今まで感じたことのなかった魅力を帯びてくる。

 

これぞ暗闇効果。

 

写真撮影の基本から見れば、ありえないような撮影方法だが、時間がたてばたつほど光を照らし「綺麗に」とった画像とは違う料理の楽しみ方を感じる自分がいる。

 

そして、暗闇の中で口にする食材の歯ごたえや舌ざわり、味覚だけでなく、香り、触覚、音など総合芸術として料理が成り立っていることが確認できる。

 

(この画像は暗闇の中のものではありません)

 

今日撮影したものは、出口さんが写真展を開いてくれることになるでしょう。

 

皆さん、お楽しみに。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

保育園の近所だけでなく どこにでも生えている野草のひとつ「スイバ」

 

保育園の「野草生活」第一弾として主任が出勤前に見つけたスイバをつかって朝からクッキング。

 

 

70グラムの葉っぱに 70グラムの砂糖とスプーン2杯の水を加え、火を通すと・・・

 

 

海苔の佃煮のようなジャムになってきて・・・最後にレモンを数滴たらしたらスイバジャムの完成です。

 

 

スイバは「酸い葉」というだけあって、ちょうどよい酸味が爽やかで最高。

 

「知らなきゃ雑草、知れば食料」

 

おススメの野草です。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

昨日、姉妹園の園長先生が調理してくれたタケノコの木の芽和えが美味しかった。

 

自分でも作って食べたいという衝動にかられ・・・

 

 

カフェコヤギで掘りたてのタケノコをすぐに灰汁抜きし・・・木の芽代わりにほうれん草を使って・・・

 

 

イイ感じです。

 

今週末には「野草を採って食べる」イベントもあります。

 

春の自然の楽しみ方はコレですね!


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

Gakkenから出版されている保育専門誌『遊びと環境0.1.2歳』5月号の離乳食特集で くらき永田保育園の実践が10ページにわたり特集されています。

 

 

食に関して一生の土台となる離乳食ですが、栄養補給のためだけではない意味や意義も載っています。

 

興味がある方は是非ご覧になってください。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

第16回目の卒園式が無事終了。

 

想い出深いクラスでもあったので、謝恩会が終わったあとも子どもたちと過ごした日々が頭に浮かびます。

 

気分を切り替えるために玄関前に野菜を並べました。

 

 

本日のおススメは カブとセロリとニンジンの「葉っぱ」だそうです。

 

炒めて良し、サラダで良し!

 

是非、ご賞味あれ!


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

自然養鶏「春夏秋冬」の檀上さんが育てた足柄大豆と・・・

 

 

「おいしいはたけ」のトミケンさんが作った米麹を使って・・・

 

 

こだわりの味噌造り

 

 

今年はバタバタしていたこともあり、これが第一弾。

 

これから珍味噌造り含め、週末は味噌造り集中月間となります。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

この一年間「干す」をテーマに様々なものを干してきた。

 

今でも玄関先にはリンゴ・トマト・キュウリ・シイタケ・オレンジ等々様々なドライ食べ物が並んでいます。

 

子どもたちも「干し加減」というものを目や触った感覚で理解できるようになり、会話を聞いていても面白い。

 

今日はキッチンデーで切干大根サラダ作りを行ったようだ。

 

数週間前、大根二本の拍子切りにし、大きな干しかご三枚に並べたところ数日でカラカラに乾き、細い小さな切干大根になりました。

 

計ってみるとわずか150グラム。

 

これで60名分のサラダが出来るの???

 

そんな不安を抱えながら昨日、水に戻してみるとあら不思議。

 

サイズは元に戻り、味や歯ごたえは全く違った食べ物に。

 

 

それで出来上がったサラダがこれだ。

 

食の背景を知り、料理のプロセスにかかわり、その中で”面白い”や”不思議だね”をたくさん感じた一年だった気がします。

 

そして、3日後、食育推進係のメンバーがこの一年をまとめたレポートのコンテストの結果発表です。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

「給食室から保育する」の標語の元、くらき永田保育園の調理室では、様々な「保育」を提供してくれています。

 

キッチンデーと並んで好評なのが「物語メニュー」

 

 

絵本の中に出てくる食べ物が給食やおやつが登場します。

 

きょうは「しろくまちゃんのほっとけーき」

 

鮮やかなオレンジ色で描かれた数々の名場面の連続、そして、40年も続くロングセラー絵本です。

 

 

こどもたちは絵本を通して、お手伝いするワクワク感。

 

ぽたあん、どろどろ、ぴちぴちぴち、ぷつぷつ・・・音を聞いているだけで唾が出てくるような感覚。

 

そんな感情が、おやつと共に蘇ってくれたら良いな〜。

 

給食室の先生は、ごはんを作りながら「保育」をしてくれているのです。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

「干す」保育はまだまだ続いています。

 

今日の切干大根に挑戦です。

 

 

まずは以前干して完成品の匂いを嗅いで・・・皮むきから始めよう。

 

 

年長さんから伝授されたピーラーの使い方を頭に入れて、作業開始。

 

 

向いた皮はごみ箱に・・・とその前に!

 

 

「しろひげ可愛い?」

 

 

拍子切りした大根は綺麗に並べられウッドデッキへ。

 

子どもたちが、この切干大根を使ってどんな料理を作るのか?

 

乞うご期待!

 


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

牛タンや鯛の塩釜焼き・ビア缶チキン・ダンボール燻製等々、焼き芋や餅つきといった外ごはんイベントには必ず登場する「園長の賄いごはん」

 

過去に評判が良かったからと言って、同じことをやるのも進歩が無い。

 

また、今日は朝から来客続きで下拵えの準備も出来ず・・・

 

急遽、サミットに向かい食材探し!

 

 

明日はインスタ映えはしませんが、ビールのつまみに最高なオトナチキンでいきます。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリック!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other