今年度2回目のハーブ王子の野草親子ワークショップ、化粧水を作っているだけだと思ったら大間違い。

 

メインのプログラムは秋の人気自然素材ナンバーワンの「どんぐりを食べる」です

 

 

見てください、このクッキー。

 

どんぐり粉を使い、クッキーの上にはヨモギやユキノシタ、クラッシュどんぐりなどなどをトッピング。

 

 

子どもたちにとってはクッキングというより造形作品を作っているような雰囲気でした。

 

また、どんぐりクッキーを食べる前には根岸森林公園&永田東公園産のマテバシイというドングリを茹でただけで食すという体験もしたんですよ。

 

 

そして、その味は・・・驚くことに美味いんです。

 

栗の甘みとナッツのような食感、はじめは恐る恐る口にしていた子どもも「あっ! クリだ!」といっておかわり。

 

 

「わたし作る人、ぼく食べる人」というCMが昔ありましたが、作るのも食べるのも楽しい時間になりました。

 

 

野草クッキーは、保育園の子どもたちにも体験してもらうためのノウハウもつかめたし収穫の多い一日でした。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

昨晩の雨が嘘のように晴れ渡った秋空の中、毎年恒例のスズキさんの畑での芋ほりを行いました。

 

 

お芋の掘り方を実演してもらった後は いよいよ芋ほり開始です。

 

 

はじめる前にはしっかり腕まくり!

 

三歳児さんが大人に言われなくても こういった行為が出来るって頼もしいですね。

 

そして、力いっぱい引っ張りあげると、どうです立派なお芋が採れました。

 

 

折角、大きな畑に来たのだから、芋ほりが終わった後も畑を走り回ったり、虫を捕まえたり。

 

柔らかい土の感触と 走ったときにも感じる風や匂いの心地よさは その場にいた人だけの特権ですね。

 

 

芋掘りだけでなく、そのあとちょっとした遊びの時間等も都市部の保育園ではなかなか体験できない体験です。

 

また、今日も大勢の保護者の皆さんにお手伝い頂きました。

 

 

来週の収穫祭では、園長やOB保護者による「賄い外ごはん」をお楽しみに!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

保育園の栄養士さんのお陰で、給食を適温適時で食べられるだけでなく、栄養バランスのとれた食事が提供されています。

 

当たり前のようですが、この苦労はあまり知られていません。

 

様々な専門知識なども必要とされる分野ですが、バランスのとれた栄養摂取量の献立にするのは様々な工夫が必要だ。

 

その中でも鉄分やカルシウムといったミネラルの接種を高める献立にするには毎月苦慮しているのだ。

 

園長は思った・・・・鉄分が足りないっていうけれど、保育園の子どもたちが貧血で悩んでいるって聞いたことが無いぞ!!

 

本日、保育園で主催したR-1グランプリの時にお菓子を提供してくれた 明治さんが保育園に来所し、その疑問に答えてくれた。

 

結論から言うと「貧血の症状が無くとも 血液中のヘモグロビン量が少ない」という潜在的なリスクがあるのだという。

 

 

また、驚くべきことに採血をしないで血中濃度を測る機械まであるのだという。

 

ヘモグロビンといえば、酸素分子と結合して、肺から脳や全身へ酸素を運搬する役割を担っているのだから、子どもたちに欠かせない。

 

やはり、栄養士さんは鉄分の栄養価を高める努力からは逃れられないのか・・・

 

 

僕も測ってもらった・・・数字は優良とのこと。

 

子どもの健康を守るためには、日々の地道な努力が必要な事を再確認しました。

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

保育園の給食の野菜を提供してくれている「スズキさん家のお野菜」の鈴木和夫さんは、横浜では珍しい無農薬・無肥料の農家さん。

 

おだやかな人柄もあって、声高に何かを訴えたり、自分の行っている仕事の価値を表現したりはしない。

 

 

しかし、スズキさんの野菜を口にできるという事は実はすごいことなのかもしれません。

 

この100年で90%の在来種が絶滅したといわれています。

 

食の工業化や大量生産に伴い、種の多くは大量生産に適するといわれる遺伝子組換え種子(GM)や一代雑種(F1)になり、大量生産に向かない在来種をつなぐ人たちが生活できなくなっているからでしょう。

 

一代雑種は、種を採り蒔いたとしても親と同じ特性の種にならないため、農家さんは毎年種を買い続けなくてはなりません。

 

遺伝子組換え種子もまた、巨大企業の契約に縛られているため農家が自由に種を採り、蒔くことはできない仕組みになってしまいました。


いったい種は誰のものか??

 

種の主権は自分たちにあるのだスズキさんは頑張っています。

 

絶滅の危機にある在来種を蘇らせ、再び世に広める活動を地道に行ってくれているのだ。

 

僕らが出来ることは、多少形が悪くとも、多少値段が高い(実際の丁寧な作業を見れば高くはありません)時があろうとも それを購入して胃袋の中に入れ、元気なカラダでいること。

 

昔、「種を継ぐ人」という映画があったが その原題は『Open Sesame』は直訳すると「開けゴマ!」。

 

アリババが盗賊に盗まれた財宝を市民に取り戻すために宝が隠されていた洞窟を開ける呪文です。

 

巨大種子会社に独占された種を市民に取り戻す運動が描かれていた映画でした。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

子どもたちの大好きな「流し素麺」と「南島原素麺工場バーチャル見学」楽しかったね。

 

協力してくれた ITアンバサダーのコッヒー、そして池田製麺所の皆さんありがとうございました。

 

さて、昨日のイベントはそこで終了ではありません。

 

夕方から、素麺流しの台が2階のテラスに移設され、夕暮れと共に始まったのが「Night 流し素麺 & Peach Party」

 

 

夏の暮れなずむ時間帯での外ごはんは、夜風も心地よく自然と気分も上がり、仕事の疲れも忘れ、流れてくる素麺に「キャーキャー」はしゃぐ職員たちも楽しそうだ。

 

 

また、昨日は素麺だけでなく先日の公開保育の際にいただいた桃などもあったので、素麺だけでなく、桃やネクタリンが上流から流れてくる贅沢な外ごはんになりました。

 

 

更に慣れてくると「高速素麺」「禁断のマンゴー流し」など一時間の息抜きタイムになりました。

 

この夏は、派遣職員さんが介護で急遽退職するなど職員不足のなか、みんなで協力しながら保育士さん達は頑張ってくれています。

 

 

さあ、今日も頑張りましょう。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

夏野菜カレーは定番だが、夏野草カレーは食べたことがある人は少ないのではないか?

 

 

保育園のグリーンアンバサダこと森本さんの自宅、通称「湘南野草庭」でハーブ王子の夏野草カレーのイベントが行われました。

 

ベランダで育てているハーブと歩いて10分の浜辺で収穫した野草たちを使っての料理教室はとても刺激的。

 

 

海辺にはニュージーランドのほうれん草と言われる「ツルナ」や 可愛い青紫の花を咲かせている「ハマゴウ」が群生している。

 

普段は海に行っても目もくれない野草たちが重要な食料となるとは・・・

 

ハマゴウは「浜香」と書くようで、確かにハッカに似たさわやかな香りが特徴だった。

 

 

また、年長児の染物の素材の候補にも挙がったエビヅルも早くも色付いているではないか!!

 

里山の野草も魅力的だが、浜辺の植物も負けてはいない。

 

 

具体的なレシピは後日伝えるとして、今回は純粋にゴチになりました。

 

保育園でも様々な外ゴハンを行事の際に作ってきましたが、香りのあるジャパニーズハーブを使った香草焼きも良いな〜と調理する皆さんの姿を見ながら構想を練る園長でした。

 

 

みなさん、食い逃げ参加ですみませんでした!

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

八ヶ岳の静かな森の中に佇む白い建物・・・ここは山野草創作フレンチで話題の「あしぇっと」

 

 

野草料理だからといって、そこいらの山菜料理を思い浮かべていてはいけない。

 

また、フレンチだからといってかしこまった感じは全くなく、一品一品口にしていくと舌で感じる味覚や繊細な盛り付けはとっても和テースト。

 

オーナーシェフの清水さんの奥さん(由妃子さん)が目の前で摘んできたその日の野草を対話をし、ご主人の(秀樹さん)が作り上げていく調理スタイルなので、この場所に行かねば食べることはできないし、その料理はその時にしか食べられない一期一会の料理ともいえる。

 

見ていても楽しい料理だったのでいろいろ語りたいこともあるのですが、野草のフリットをご紹介。

 

 

ヒメジオン・クワ・カキドオシなどの季節の野草が、このような形で調理されて目の前に登場。

 

 

解説を受けながら、一枚一枚味わいながら食べてみる・・・ほどよい苦味、微妙な食感の違い、フワッと感じる香りなどなど「美味しい」と同時に「楽しい」食事なのだ。

 

 

将来のハーブ王子とも交流しながらのゆったりとした時間は、とても贅沢に感じられました。

 

「あしぇっと」は、山梨県北杜市大泉町西出7420

 

TEL 070−3884−9298

 

 

写真のご夫婦のお人柄も素敵なお店ですので、夏休みに八ヶ岳方面に遊びに行く方は絶対おススメです。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

ママやパパがお迎えに来る前は優雅に手造りジャムでモーニング。

 

 

園庭で採れたヤマモモのジャムは甘酸っぱさがおススメです。

 

 

黙々と食べる子どももいれば・・・昨晩の妖精との出会いを興奮気味に話し続ける子どももいて・・・

 

 

カメラマンの出口さんは このほほえましい景色をおじいちゃんのように眺めているのでした。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

夕飯作りの後は2階テラスに特別に作られた露天風呂風ハーバルバス。

 

湯上りは大好きな先生との特別な時間。

 

 

こういう何気ない時間に交わす会話が、優しさやおもいやりを生むのではないでしょうか?

 

 

そして、お待ちかねの夕食の時間です。

 

会場は玄関前のウッドデッキ。

 

玉ねぎ染のTシャツとバンダナで飾られたオシャレな空間で食べるカレーの味は・・・

 

 

「ちょう〜ぜつ旨いよね〜」

 

 

森戸川での楽しかった思い出話や

 

 

不思議な出来事を振り返っているといつもよりもゆっくりとした食事の時間になりました。

 

 

花火をやりたかったのに園長先生が用意するの忘れちゃったんだって・・・子どもたちは、この後に起こるアトラクションのことなど全く知りません。

 

お泊り会はまだまだ続きますが、画像が無いため、本日のブログ更新はここまでです。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

森戸川から戻ってからは、3グループに分かれて夕食のカレー作り。

 

 

かぼちゃをメインにしたり、バナナを入れたり、食材は自分たちで考えたものばかり。

 

 

おいしくな〜れ、おいしくな〜れ、気持ちを込めれば美味しくなるに決まってる。

 

 

かき混ぜたりする順番を決めるのも日々の保育中に役交代して遊んでいるからとてもスムーズです。

 

 

もう そろそろ良いんじゃない??

 

 

こっそり味見してみようか!!

 

見られてますけどね・・・!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other