金沢の市内を歩いていて気に留まったのが石垣。

 

 

 

 

積み上げ方等はエリアによってさまざまだが、絶妙な秩序感があり景観の魅力を高めている。

 

 

街で見られる格子窓もそうだが、一般の住宅や保育園の中にもそのデザインが活かされていたりする。

 

様々な文化が入り混じり混沌としたところが魅力の横浜から人間が見ると金沢の市内はバランスの取れた秩序がある。

 

このような風景を原風景に持っている人々が作る保育環境とは・・・

 

 

全ての園がそうだということはないだろうが、金沢市内の保育レベルは高いというのを聞いたことがあるし、全国的にも有名な保育園さんも確かに市内に存在する。

 

昨日の泉の台幼稚舎もきれいに環境構成された空間で、子どもたちは自分たちの生活を過ごしている。

 

あるべき場所にものがあり、子ども自身が見通しの立つ空間。

 

こういった当たり前が当たり前にできるのが地域と文化というか風土からも影響を受けているのかな〜なんてことを考えながら金沢の街を歩く園長でした。


育児・保育園児 ブログランキングへ

インターコンチネンタルホテルの23階で港の風景を眺めながらブログを書いています。

 

 

今日は全国乳幼児教育関係者交流会はこの横浜で行われている。

 

その最終日のシンポジウムに参加させてもらえることとなり、その打ち合わせを兼ねて宿泊させて貰いました。

 

驚いたのは研修に参加されている方々のパワフルさ。

 

午前様を過ぎてもゲラゲラ大声で笑い、そして語り続ける。

 

 

今日話そうと思っていた以上のことを話し尽したような感覚になりながら部屋に戻る。

 

朝起きて天気予報を見ると、今日も暑くなりそうだ。

 

今回のシンポジウムのコーディネーターを務める「きらら」の坂本先生が、テーマとして掲げているのが『熱さ』

 

暑く、そして熱い一日になりそうだ。

 


育児・保育園児 ブログランキングへ

友人のお見舞いの帰り道、馬堀海岸の「かねよ食堂」へ

 

 

「かねよ食堂」は、数多くのメディアシーンのも登場する漁師小屋を改装したカフェ&アートスタジオ。

 

今でこそ6次産業が珍しくなくなったが、ある意味、海辺のパイオニア的存在、行くたびに新しい発見があって楽しめる。

 

 

お腹がいっぱいになったころには夏のような日差し。

 

涼しげなところへ行こうと、大楠山からの湧き水からできた清流「前田川遊歩道」へ。

 

 

僅か1キロちょっとくらいの遊歩道だが、いろいろな表情を見せてくれる隠れたお散歩コース。

 

遊歩道から離れ、川の中をじゃぶじゃぶ歩くとひんやりとした水と一緒に川の上を流れる風がメチャクチャ気持ちいいんですよ。


育児・保育園児 ブログランキングへ

北見での仕事も終わり、帰りの飛行機までの時間は観光でも・・・なんて頭の中で考えながら朝食をとっていると、どこかで見たような顔。

なんと、野育の会の木村歩美さんではないか!!

何故ここに??と聞くと これもまたびっくりの事実。

昨晩、一緒にご飯を食べていた「認定こども園 緑が丘遊子」の園庭改造ワークショップのために来ているのだという。



さらに、一級建築士でこども環境アドバイザーでもある井上寿さんも一緒だという。

横浜にいてもなかなか出会うことのない二人に北海道のそれも北見の小さなホテルの食堂で偶然おっさん三人が出会うなんて・・・

これは、運命以外の何物でもない、観光なんてやめて園庭改造ワークショップに同行しよう。



今日はヒューム管を埋めた築山にタイヤで階段を作ったり、園庭でお店屋さんごっこを行えるような屋台風の遊具を100%セルフビルドで行うようだ。

集まったのは2つの姉妹園の保育士さんと保護者数名。

慣れない手つきでインパクトや電ノコを使い全員で子どもの遊び場を作っていく。





今年から緑が丘遊子の園長として移動してきた高橋園長とは保育の考え方の指向性が限りなく似ている。

だから、こんなワークショップを見せられたら羨ましいという言葉しか出てこない。

講演ツアーの最終日に最高の刺激を受けて横浜に帰ることになりました。
 

育児・保育園児 ブログランキングへ

北見市のが主催する教育・保育施設職員研修会の講演会が無事終了。



参加者は 5年未満  47名
    10年未満  14名
    15年未満   6名
    20年未満   7名
    20年以上  37名

公立・社会福祉法人・無認可など運営主体も経験年数もバラバラの保育士たちに3時間「0〜2歳児の生活面の自立」をテーマに話さなければならない。

この状況でどのような話をするのか??

結論としては、聞いている皆さんの喰いつき方を見ながら語るしかない。

しかし、案ずるより産むがやすし・・・保育士さんは具体的な話に関しては、自分が日々行っている保育でなくとも真剣な表情でメモを取ってくれる。

調子に乗った僕は、いつもの悪い癖が出てしまう。

そう、脱線だ・・・1時間半を過ぎたところで用意したレジメの30%も終わっていない!!

ということで、後半の終了間際20分はビデオの早回しのような状態だった・・・・反省。

最後は駆け足の講演になってしまったが、北の地で同じ思いで保育してくれたりする仲間が増えてくれたらと思う。

さあ、仕事は終わった!!

北海道の食事を堪能するために街に繰り出そう。





 

育児・保育園児 ブログランキングへ

女満別空港に降り立つと気温は29度。

ここは北海道なのか?と疑いたくなるような蒸し暑さ。



その暑さにも驚いたが、今回の講演を企画してくださったコーディネーターさんも熱かった。

夕方からの話し合い前の簡単な打ち合わせといって話し出しら・・・・まあ、止まらない。

そして、5時過ぎから効率の保育園の園長先生らと車座になっての意見交換の時間をとり、そのあとオホーツクの海産物を堪能する食事会となるのだが、話題の中心は「保育」「保育」「保育」



民間の保育園の意識とは違った「公立の役割・意義」といった自負が感じられるトークは新鮮だった。



お酒も進み本音の課題や悩みも話し合えたりすると、明日話そうと思っていたテーマもガラッと変えちゃおうかな・・・なんて想いが頭の中で膨らんでくる。

まずは温泉につかってリフレッシュしてから考えようかな。

しかし、北見の夜は暑い&熱いぞ!!

 

育児・保育園児 ブログランキングへ

本日から八朗園長講演ツアー2016と題し(自分で)北海道の北見市へ。



5月の北海道、服装はどうしようと悩みながら朝の天気予報を見ると、なんと30度!!

横浜より熱いじゃん。



北見にはお世話になった園長先生もおり、久々の再開が楽しみ。

明日は、無理を言って保育園の見学も入れてもらえました。

保育園に置いてきたカイコちゃんが気になって仕方ありませんが、行ってきます。


育児・保育園児 ブログランキングへ

ホテルに戻り、クローゼットにコートを掛けようと思ってハンガーを手に取ろうとしたら・・・



シングルの部屋なのに このハンガーの数。

使いきれない!!

育児・保育園児 ブログランキングへ

天城連山からの清流が作り出す個性的な七つの滝が1.5キロの遊歩道で見られる河津七滝に行ってきました。



「踊り子と私」像はテレビなどでもよく見ますね。



昨日の雨の影響もあってか、水量が多く迫力満点。





どの滝も風合いが違っていて個性的でしょ。



30分程度の気軽なお散歩コースなのにこの充実感。



七滝中最大の落差30メートルの大滝は現在、天城荘に宿泊しないと観ることができないらしい(露天風呂があるため)。

紅葉シーズンもなかなかだが、新緑の季節に歩いたら気持ちいいだろうな。

育児・保育園児 ブログランキングへ

大正時代に爆音と共に地上50メートルの上空まで舞い上がった大噴泉。

以来80年間ひと時も途絶えることなく毎分600リットルの温泉を噴き上げている自噴泉があるのは峰温泉「大噴湯公園」



温泉卵も食べられます!

育児・保育園児 ブログランキングへ


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回ポチッとね!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other