今日公開されたNASA提供された「赤いシャボン玉」、地球から16万光年離れた大マゼラン銀河で約400年前に発生した超新星爆発の残骸の映像なんだと・・・。



ハッブル宇宙望遠鏡が観測したらしいが、鮮明な画像でビックリする。

僕は「星」のことは、全くわからないが、先週のふたご座流星群は、人に勧められ見たところ、想像以上に「流れ星」に遭遇し感激していた。

その後、にわか天文ファンになっていたら、人にも話したくなってきたので、ちょっと書きますね。

僕のような、素人は、たくさん星が見えないと面白くない。

だから、闇雲に空を眺めていてもダメなのだ。

次のチャンスは、 しぶんぎ座流星群。

8月のペルセウス座流星群12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群のひとつなのだ。

活動のピークと予想されているのは1月4日の10時ごろ。

お正月明けの是非、寝る前に一緒に空を見上げましょう。

釣りの潮見表で調べたところこの日は新月にあたり絶好の条件になるのではないか。

放射点は22時ごろ東北の空に現れるが、流星は放射点付近だけでなく空全体どこでも見えるらしい。

正月早々、星に願いをかけるのも良いかもね。

人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other