昨日は、お休みをいただき100%自分の個人的な夢の実現のために、朝から開港記念会館へ。



保育の仕事を追求していけばいくほど「衣食住」といったヒトが生きていくうえで大切な行為を自分で作り上げてきた昔の人たちの素晴らしさや凄さ、そして、そのことから生まれる豊かさを感じるようになってきた。

「食」に関していえば、食べ物を育て、収穫し、火をおこし、調理する・・・・。

もっともっと、その世界を自分で体験し、体得したい。

そこで、園長が向かった先は、、、、



猟師になること。

以前から猟師の世界に興味はあったが、完全な別世界と感じていたのだが、昨年、森のスコーラという「農」のフェスで鶏をしめるという儀式にも似たシーンを見て考えさせられた。

”僕らは安易に肉を食べ過ぎている”

魚は自分で釣って、捌いて、調理して食べる。

その一連の行為があるから、僕は海に対しても魚に対しても畏敬の念を持っている。



だから、猟師。

しかし、日本という社会で銃を持ったり、罠をかけるというのは高い高いハードルがある。

昨日は、それの第一歩、「銃」を所持するための講義と試験。

昨年末から、こつこつと勉強していた成果もあってか無事に合格。

今年の11月15日の狩猟解禁日までに園長は猟師になれるのでしょうか?

人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other