六ッ川のトミーズカフェで「カフェで爬虫類を語ろう」というトークライブが企画されるというので仲間を誘って参加。

ゲストスピーカーは 爬虫類界のカリスマ 白輪剛史さん。



日本最大級の爬虫類専門の動物園iZOOの館長であり、世界で初めてミミナシオオトカゲの産卵を成功させた「伝説」のオトコなのだ。

今日は貴重な映像を見ながらのトークライブかと思いきや 会場にはマイクの設備だけ。

あれっ? これでいいの??

しかし、そんな心配は必要なかった。

「絶滅危惧種」という言葉の使われ方と 実際の現状といった切り口から始まり、生態系の問題、環境の持続性、日本の動物園や水族館が抱える課題などを イリエワニ、アナコンダ、キングコブラの話などを交えながら、ぐんぐん爬虫類ワールドに引きずり込まれるようなトークは圧巻だ。



ただの爬虫類の研究者ではなく、ヒトが決めた価値により翻弄される商品としての生き物の世界の最先端で活躍している人ならではの説得力があり本当に面白かった。

そして、それを聞いていた人たちも魅力的だ。

マリンパークの岩瀬君、透明標本の冨田伊織君、ナチュラリストの加藤さん、その他にも 出版関係、専門学校講師、IT関係等々に僕と主任。

講演の話題を共通テーマにしなければ、どの方向で語ってよいのかわからなくなるような異業種メンバー。



いや〜刺激的な数時間でした。

 

人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other