NPO法人 KIDS EXPRESS 21が主催し、厚生省、文科省、農林水産省も後援する11回目の食育コンテストで、くらき永田保育園の「おさかなプロジェクト」が見事、理事長賞を受賞しました。

 

 

今日は、その表彰式と実践発表のため、食育推進係の職員とすみだリバーサイドホールへ!

 

・・・の前に、ご褒美を兼ねて浅草でお寿司を堪能。

 

 

会場に到着するとホールには、全国から選ばれた入選園の実践を伝えるポスターが並んでいる。

 

 

自分の園のポスターのまとめ方を自画自賛しながら記念写真撮影、周りから見たらどう見ても”おのぼりさん”

 

 

竹井理事長より表彰状と記念品の目録を頂き、いよいよ受賞者代表の実践発表だ。

 

今回の発表者はY先生。

 

 

大きな会場で緊張しながらも、やはり実践している人が持つリアルな説得力のある発表だった。

 

途中、演出で子どもたちが作った3メートルを超える巨大魚拓を登場させると会場から大きな拍手。

 

 

今回の「おさかなプロジェクト」は、今後のくらき永田保育園の食育活動を考えるうえでも様々なエッセンスが含まれていたと思う。

 

社会の問題をテーマに保育を展開させたことで、職員のミッションを明確にするという手法。

 

体験重視、ホンモノ志向を徹底することで地域や保護者の保育へのかかわり方も変化してきた。

 

他の受賞園の報告を聞いていても「食育」の活用方法が、一過性のイベント中心のものが少なくなり、継続的にその保育園の核となるような理念が浮き上がるような実践が増えている。

 

多少の困難やリスクがあっても、子どもにとって大切なら職員のパッションで乗り越えていくというY先生の言葉がカッコよく聞こえたのは僕だけではないはずだ。

 

今回の受賞は、食育推進係のメンバーだけでなく、保育園の多くの職員、保護者、お世話になった沢山の支援者のおかげです。

 

いや〜、嬉しい!!!


育児・保育園児 ブログランキングへ

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/994887

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回ポチッとね!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other