生活保護法に規定されている「更生施設」や「救護施設」って知っていますか?

 

保育園、高齢者施設、障碍者施設は耳にしたことはあっても「生活保護施設」の存在は福祉関係者でも知らない人も多いマイナー施設なのだ。

 

そして、この横浜市南区には、なんと4つも生活保護の施設があるというのは驚きではないですか?

 

本日、この更生施設 民衆館さんからたくさんの金魚を頂きました。

 

 

日本全体でどれだけの自治体があり、どれだけ多くの福祉施設が存在するのかわかりませんが、全てが縦割りの時代に合って、南区の福祉施設は、高齢、児童、障碍、生活保護といった種別を超えて交流したり、研修することが出来る「奇跡」のネットワークが存在するのです。

 

大正13年に、関東大震災被害者や失業者・生活困窮者のために運営した簡易宿泊所「救世軍民衆館」として、スタートしし、100年以上の歴史がある施設。

 

身体的・精神的・社会的な理由などにより、単身で生活することが難しくなっている方(男性のみ)の援助をし、最後の砦として自立支援を行う大変な仕事を行っているだけでも頭が下がるのに、絶えず、南区全体の福祉のことも考えてくれている。

 

東北の震災があった際にも、水が手に入りにくい状態というニュースが流れると誰よりも早く、「子どもたちのミルク大丈夫? 備蓄用の水があるから分けましょうか。」と声をかけてくれたのも民衆館さんだった。

 

雪が降れば、「雪かきなら手伝えるよ」、お祭りの後には「金魚いりませんか?」・・・

 

感謝しかない。

 

保育園を運営していると、様々な人に助けられているんだなと実感することがある。

 

たかが金魚と思うかもしれないが、この付き合いなくして有事の時の連携などありはしない。

 

南区は「縁と恩と義理と人情」のネットワークで成り立っているのだ。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other