昨日の造形祭「小さな表現者展」を振り返ってみましょう。

 

 

入り口に置かれた看板は、夏のアートワークショップの際に濡れてちぎれてしまった作品を再利用し、文字はもちろん年長さん。

 

 

園舎に入る前のアプローチには いきいき組が大工週間の時に作った海賊船。部屋の中に置くことが出来ませんでしたが、この大作が出来上がるまでの子どもたちの奮闘や話し合いの様子などは、もっともっと訴えたかったな〜。

 

この作品はしばらく、遊びで活用します。

 

 

玄関ホールではRICOHさんによるTシャツプリントコーナーと 三上さん率いる「おもちゃ病院」で賑わっていましたね。

 

 

また、ぽかぽか広場の部屋ではクーベルチップさんの絵本販売と読み聞かせ。

 

「この保育園の保護者の絵本に対する意識の高さはいつも驚かされます」とお褒めの言葉を頂きました。

 

 

食べ物関係では、「くらき米」の販売を行ってくれたご存知、小田原「おいしいはたけ」のトミケンさん。

 

100キロのお米が完売です。

 

 

また、給食室プレゼンツの「ドライべジ」も大人気、自宅で食べた乾燥、、、いやいや感想を是非教えてください。

 

 

 

保護者の皆さんも職員の解説に耳を傾けていただき本当に感謝感謝です。

 

この時間が保育士を育ててくれていると思っています。

 

 

普段は仕事でなかなか保育園に来られないお父さんたちも真剣に作品に見入ってくれていました。

 

そうそうデザイナーの安西さんや小比類巻さん、白川さんたちの羽子板ワークショップも大人気でした。

 

和の布を使った作品なのにポップに仕上がったものが多く、子どもたちの感性のすばらしさを改めて感じる場面でした。

 

 

ホース笛も首からぶら下げて「ブーブー」やっている子どもたちが多かったですね。

 

こんな体験コーナーもありました。

 

 

これぞまさしく「落ち葉のプール」・・・乳児期は作品の完成を目指す以上にこのような体験が大切です。

 

改めて振り返ってみると本当に多くの方々の協力の中、造形祭「小さな表現者展」を行えていることを感じます。

 

子どもを中心としたローカルなコミュニティが出来上がってきているのであればありがたいことです。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995130

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリック!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other