園外保育中に保育園に連絡をしようとスマホを手にすると、加古里子(かこさとし)さんが急逝したというニュースが飛び込んできた。

 

 

子どもからたちから愛され続ける「だるまちゃんとてんぐちゃん」や「からすのパンやさん」などで有名な神奈川県が誇る絵本作家だった。

 

「ウオーリーをさがせ」が発売される何年も前にだるまちゃんシリーズをこの世に出していたことを考えると先見の妙があるというより、本当に”子どもの好き”を理解している人だなと改めて感心してしまう。

 

 

また、加古さんは失われていく日本文化を題材にして、ユーモラスな絵が特徴だが、一方で東大卒の理系絵本作家らしく「だむのおじさんたち」や「宇宙」「かわ」「ちかてつができるまで」といった科学絵本も数多く出されている守備範囲の広い作家さんでもあったのだ。

 

そして、僕が声を大きくして言いたいのは、実は言葉の使い方が実にうまいのだ。

 

絵が無くても魅力的な文章をひとつご紹介。

 

「どろぼうがっこう」から抜き出し

山また山の 村はずれに どろぼうがっこうがありました
校長先生は 世にも名高い くまさか とらえもんせんせい
このどうろぼうがっこうの しゅくだいは どろぼうしてくること
それから遠足といえば おかしのかわりに ねじまわしと
でばぼうちょうをもち 夜の10時に出発と なにやらぶっそうです。
ぬきあし さしあし しのびあし どろぼうがっこうの遠足だ それ!
と歌声もいさましくねらいをさだめて 入ったところは・・・・・

 

どうですか?

 

わくわくしませんか?

 

日本の絵本の創世記に活躍した人たちが、どんどん亡くなっていくのは寂しいことですが、子どもにとっては「はじめて読んでもらったその日が新刊本」なので、これからも良い絵本を僕らが子どもたちに届けていきたいと思う。

 

加古さん いままでありがとうございました。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other