昨日まで天候が心配されていた親子遠足が無事終了し、今年も午後はチームビルド研修。

 

それも会場が取れなかった関係でアウトドアでの研修となりました。

 

 

講師はおなじみトイークの”いくちゃん"こと清水郁翔さん。

 

 

風邪をひいていると言っていましたが、アイスブレークタイムからガンガン楽しワークを繰り広げてくれます。

 

 

近くに来た子どもたちに「何やってんの?」と聞かれ、「勉強だよ!」と答えると驚いた表情で「オトナはいいね〜」

 

 

そう、オトナは楽しいのだ。

 

本題の戻ろう。

 

今回の研修のねらいは「小さな気づき」や「小さな違和感」を話し合う大切さを再確認したいという事。

 

くらき永田の職員も経験年数も増え、日常の保育であれば阿吽の呼吸で何とかなるくらい安定しているが、これは保育が形骸化していく原因にもつながる怖さがある。

 

今の保育をさらに良くしていくためには、特別な研修よりも日々の起こる小さな変化を語り、共有していく土壌つくりが大切だと思ったからだ。

 

本日行った二つの大きなアクティビティ。

 

 

チームでの問題解決のためにいくつかの課題の気づきがあったと思われる。

 

副主任やリーダー職の保育士だけでなく、新人の職員たちもこの気づきを大切に日々の実践につなげてもらいたい。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995244

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other