公園でドングリ等を拾ったりするのは子どもたちにとっては楽しい作業。

 

どんぐりといっても クヌギ、コナラ、あかがし、マテバシイ、スダジイ等々形もサイズも違っていて比べてみると面白い。

 

明日のハーブ王子のワークショップでは、どんぐりを食べちゃいますのでお楽しみに。

 

同じ木の実でも松ぼっくりなどは、拾うものというより購入するものになってきていてビックリです。

 

そんな都市部では貴重な「松ぼっくり」よりも珍しい「杉ぼっくり」が事務所のカウンターに飾られています。

 

 

美しい円錐型の樹形から街路樹などでもよく見られるヒマラヤスギのものだと思われる「すぎぼっくり」だが、意外と手にする機会は少ない。

 

この「すぎぼっくり」は「松ぼっくり」と違って乾燥するとパラパラと分解されてしまうので、地面に落ちてくるときには小さなバラの花のようなカタチになって転がっているので原型を知らない人は多いのではないか?

 

よちよち組のI先生がどのように手に入れたかは不明ですが、風が吹いた翌日などはチェックしてみると特別なお宝に出会えるかもしれませんよ。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995369

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other