地震に風水害、日本のどの地域に住んでいても自然災害に関して安全な場所はありません。

 

特にこの夏から秋にかけて被災した保育関係者の話を聞いていると「発災直後」の初動が重要だなと改めて実感しています。

 

そこで、今回 アウトドアのスキルを防災に活用することも発信している STEP CAMPの寒川さんと ミニ炊き出しでブレーク中の減災ラボの西山さんの力を借りて 発災直後のワークショップ『保育園 de CAMP 2018」を11月7日(水)9時半から開催します。

 

 

今回行うプログラムは3つ

 

|箸鬚箸襦 ´灯りを確保する  2垢い食べ物を食べる

 

身近な新聞紙やエマージェンシーブランケット、また重ね着のポイントなどを学んだり、ペットボトルやコンビニの袋を使って灯りを確保したりという体験を行います。

 

現在10名の保護者のお手伝いが決まっていますが、興味がある方は事務所までお声掛けください。

 

プログラムの最後には大人向けの「新しい防災袋」という30分程度の講習もあります。

 

生きる力を楽しく実践して学び、そして備えたいと思います。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995380

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other