西多摩郡日の出町にある「大久野保育園」の高野園長先生と出会ったのは昨年の2月頃だっただろうか?

 

ある研修会に参加していた際の懇親会でたまたま近くにいて話をしたことがきっかけで、こんなにまで親しくお付き合いする関係になるとは想像もしていなかった。

 

当時の彼は副園長という立場ではあったが、結婚した奥様の実家がたまたま保育園だったという理由でこの世界に入ってきたものの何をして良いのかわからず悩み、研修会に参加しながら進むべき道を模索していた時だったようだ。

 

その場の流れから保育園に見学に来ることになり、そして、見学を終え帰宅する間際に高野園長は「くらき永田保育園みたいな保育をしようと思います」と宣言した。

 

最大限の誉め言葉と思い嬉しくなったが、驚くべきはその後の高野園長の行動力だ。

 

次から次へと保育士を送り込み、一緒に同行しながら今の保育の課題を質問しまくり、保育と関係のない八朗園長の遊び部門にも参加するなどしながら、短期間で保育の改革を行っていった。

 

今までの歴史もあることだし、働いている職員、保護者や子どもを戸惑わせては・・・といった心配をしていたのだが、逆に保育士さんのモチベーションを高めながら、保護者の信頼も得ていく手腕は彼の人柄のい良さだけではなく、そのマネジメント力の高さには驚かされる。

 

そして、今日、保育を変え僅か一年ちょっとで初めての公開保育が行われました。

 

 

30名近い見学者が来ていても子どもたちはいつものように主体的に遊び、食事をし、お昼寝する。

 

保育士の皆さんの響き渡る声などなくても秩序感のある生活。

 

その様子を食入るように眺め、一生懸命メモや写真に残そうとする見学者たち・・・公開保育をする側も参加した側もハッピーになる研修会だ。

 

今日は下のメモのような講演の時間も頂いたのだが、基本的に保育を見学させてもらった。

 

そして、わかったことは、大久野保育園はくらき永田保育園に何度も足を運んでくれて様々なモノを吸収してくr多と思うが、そこで行われている保育は120%大久野保育園のオリジナリティに溢れた素晴らしさを持っているという事。

 

全国的には無名な保育園かもしれないが、近い将来、この地域だけでなく全国でも有名になってしまう保育園だと思った。

 

公開保育を終え、お疲れ様会に参加させてもらった時、涙ぐみ声を詰まらせながら保育士をねぎらう園長や 高いモチベーションを保ちながら連帯している保育士さんたちを眺めながら羨ましさを感じる自分がそこにいる。

 

保育指針の改訂後、保育を変えていきたい、また、保育の質を向上させたいと考えている保育園さんにとって大久野保育園の「一年ちょっとの奇跡の軌跡」は一見の価値があると思われます。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other