50歳代になっても少年のココロを持ち続ける「喜一郎・俊太郎・八朗」という三園長が秋谷海岸に集結した。

 

 

今年の夏、ボク抜きで江ノ島で行われた「海で保育を語る会 UHKK」があまりに楽しそうだったので、第2弾の開催してもらった。

 

昨晩は今年一番の寒気が入り、朝は小雨が降っていましたが、そこは晴れ男三人そろえば、大島や石廊崎まで見渡せるような晴天になった。

 

 

そして、今回は思い切り非日常を楽しもうと アウトドア界をけん引する寒川さんに「焚き火カフェ」を開店してもらいました。

 

 

寒川さんのバックから登場する焚き火ギアは男たちに視線を釘づけ、そして、ナイフとメタルマッチで綺麗な火花が薪に飛び、炎が大きくなる様子は何度見ていても気持ちが良い。

 

この焚き火で珈琲豆を焙煎し、ケリーケトルでお湯を沸かし、ククサカップを使って飲む一杯のコーヒー。

 

すっきりした味わいとこの香り、この場所、この時間を共にした者だけが感じられる「贅沢」だ。

 

 

そんな手間暇かけて作り上げる時間の中で語られる「保育談義」も当たり前だがディープで深みのある内容になってくる。

 

年に数回しか会わないメンバーなのに交わした会話の一つ一つが珠玉の言葉としてビンビン響く・・・たまらない。

 

 

 

ダッチオーブンの焼きリンゴ、特製ホットサンド、炙りソーセージ、そして、焼きマシュマロなどを食べながら時間も忘れ語っていると、いつの間にやら日も落ち、辺りは真っ暗。

 

すると・・・俊太郎先生が今日のために作ってくれたR-1ボトルの灯りをとりだしプレゼント。

 

 

粋だ。


真の楽しさや豊かさを知っている人たちとの時間は最高でした。

 

焚き火カフェは終わっても僕らは帰宅する気分にはなれず、また、今日の健康診断のことも忘れ、逗子の夜の街へ繰り出したとさ。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995404

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other