ケンタウル祭りの夜、主人公のジョバンニは誰もいない暗い丘の上に寝ころんで、青い琴の星を眺めていました。

 

その時、聞こえる「銀河ステーション、銀河ステーション・・」という不思議な声。

 

気がつくとジョバンニは、夜の軽便鉄道の車室に座っていました。

 

そして、目の前には青ざめた顔をした親友のカムパネルラが・・・。

 

ふたりは一緒に、銀河ステーションから天の川の左の岸に沿ってサザンクロスへと旅に出かけます。その中で、不思議な体験や出会いを重ねていく・・・

 

宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」に登場するはくちょう座のくちばし部分の星「アルビレオ」・・・肉眼では一つの星にしか見えないが、望遠鏡で覗くと二重性、それもサファイアとトパーズに例えられる美しさで瞬いているという。

 

 

くらき永田保育園の2階テラスで行われた「園庭で星を見る会」には40名を超える親子が集まり賑やかな観望会となりました。

 

 

肉眼では何度も何度も見ている月が、望遠鏡のレンズを通してみると思わず声をあげてしまうような美しさ。

 

この画像はレンズにスマホをあてて撮影したものなんですよ。

 

 

元国立天文台情報センターの山田陽志郎先生が、「あの大きなクレーターは神奈川県と同じくらいの大きさなんですよ」などと横で判り易い解説を受けながらの贅沢な観望会。

 

皆さん楽しんでいただけたでしょうか?

 

今回望遠鏡を提供してくれただけでなく様々な準備をしてくれた丹波さんが帰り際に「来年は、土星、木星でも見ましょうか!」と

言ってくれました。

 

そうか、来年か〜〜、冬の空を見上げながら「来年も楽しい一年にしなきゃ」と思う園長でした。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995407

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other