昨年6月にくらき永田保育園で開催された手作りおもちゃの祭典「R-1グランプリ」で園長賞に輝いた作品を覚えていますか?

 

暗闇の中でボタンを押すと「赤」「緑」「青」ライトが光る仕組みになったこの玩具、ただ光るというわけではなく、この光の三原色を使って空中に絵や字を描いて遊べるという画期的な玩具なのだ。

 

テレビなどにも応用されている加法混色に繋がる深〜い玩具でもある。

 

堀内さん中心としたITアンバサダーのメンバーが、R-1の空きボトルを使ったプロトタイプのものを改善・修正・改良を繰り返し、さらに子どもたち皆に体験してもらいたいと大量生産してくれたのがこれだ!!

 

 

外見は大きな宝石がお菓子の筒にくっついて、そこには三色のボタン。

 

 

早速、多重露光のアプリを探し出し浅野先生と試してみた。

 

平面ではなく3次元に描けるのだが、頭で思い描くのと出来上がりは全く違う。

 

面白い! ついつい「もう一回!」

 

きっとこの「ひかりのマーチ」で遊んでいる様子自体がアート作品になるのかもしれません。

 

作品と言えるものになるかはわかりませんが、2月16日(土)に行われる小さな表現者展では、その遊びの様子をお伝えしたいと思います。

 

お楽しみに!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995420

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other