ライティングという英語を「照明」と訳した人は誰だったのか??

 

まだ、「照明」というように「明るく照らす」ことを目的にし、可能な限り陰影を消すことに執着した西洋の文化が拡がる中、電灯が無かった時代の日本の美の感覚・・・

 

「照らす」ではなく「灯す」ことを大切にしていた時代・・・生活と自然が一体化した陰影の中でこそ映える芸術を作り上げた日本人の芸術的な感性を称えた谷崎純一郎の代表的評論「陰影礼賛」

 

そのマインドにインスパイアされたカメラマン出口信一が井土ヶ谷の隠れた名店「厨nasu」の料理を蝋燭の灯りで撮影した写真展が14日(火)から25日(土)まで、くらき永田保育園ホールで開催されます。

 

 

普段、子どもたちの姿を追いかける出口さんの写真とはひと味もふた味も違ったアーチスティックな作品になっています。

 

14日、21日、23日、25日は出口さん本人が在廊していますので興味のある方は是非、写真談義で盛り上がってください。

 

観覧していただいた方には「厨Nasu」の食事割引の特典付き。

 

出口信一写真展「陰影礼賛」に注目です。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995480

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other