エンジニア・デザイナー・研究者・縫製名人といった様々なスキルを持ったハッカーとくらき永田保育園の保育士がコラボし、今までになかった新しい「子どもの発達を促すおもちゃ」を作り出すという『0➡1グランプリ2019』が行われました。

 

 

保育士さんが玩具作成のアイデアとなる「のび太カード」なる壁に貼り付けられたメモを参考にハッカーたちが自分たちが作り上げたいと思う作品を選び保育士さんとマッチング。

 

 

そこからは、お互いが意見を戦わせ合いながらの限られた時間の中で今までにないおもちゃを作り出すハッカソンだ。

 

 

アナログな文化の保育士とIT業界を中心としたハッカーの皆さんとで会話の言語が通じるにだろうかと正直心配していたところもありましたが、メモを通したフィードバックが終了すると皆さん協働して手を動かしだす。

 

 

そのモノづくりの熱い空気に押されてか、オブザーバー参加していた保育材料を扱う専門家たちも一緒になって玩具開発のお手伝い。

 

目的に向かって力を合わせている空間というのは、小さな悩みがあってもお互い力を合わせ解決していくエネルギーを生むのだなと感心してしまう。

 

 

実は今回「機能獲得を目指した玩具」という縛りをつけた。

 

ひとつは、すくったり、つまんだり、めくったりといった子どもの発達を支える玩具。

 

ひとつは、色や形といった認知系玩具。

 

ひとつは、五感を中心とした感覚統合系の玩具。

 

この三つのねらいが玩具に組み込まれていることが条件となっているので、サイズ感やねらい、安全性など考えれば考えるほど奥が深く時間が足りない。

 

 

しかし、そのことで保育士とハッカーの間で化学反応が起こり新しいものが作られたのかもしれない。

 

そして、時間内に15の玩具(プロトタイプ)が完成し、プレゼンタイムに続き、結果発表。

 

6名の審査員でも意見が分かれるほどの大激戦の中。

 

選ばれた二作品はこのチーム

 

 

この二作品のすばらしさを語るだけでも時間がかかりそうなので、完成したおもちゃは後日、改めて紹介したいと思います。

 

来週からは、子どもたちに実際遊んでもらいフィードバックしながら完成を目指したいと思います。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995484

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other