早朝6時半東京発の新幹線に乗り、午前中に1時間半、午後の3時間というハードな講演。

 

 

声をかけてくださったのは青森県私立幼稚園 乳幼児保育研究会さん。

 

 

会場は新青森だったが、会長の岡本先生、副会長の山西先生のお二人は「八戸愛」が半端ない。

 

お疲れ様会は電車に乗り、車に乗ってなんと八戸の繁華街に移動。

 

 

イカの水揚げ量が日本一の漁業の街という印象くらいしかなかったのだが、なかなかDEEPな街だった。

 

気に入ったのが横丁文化。

 

新宿ゴールデン街を彷彿させるようにいくつもの店がぎっしりと軒を連ねる横丁を歩くと店内からたなしげな笑い声が聞こえてくる。

 

こじんまりとした昔ながらの風情を残した横丁はどこに入ろうか迷っているうちに、八戸の横丁ワールドに迷い込むような仕掛けになっているようだ。

 

その中でも飛び切りDEEPな店に連れて行ってもらい保育談義。

 

なんと岡本先生の幼稚園は アノ羽仁もと子さんと関係のある歴史のある幼稚園であることがわかる。

 

 

八戸の歴史、文化、こども園に移行すべきかどうかの判断基準、事業継承等々熱い保育談義が続く。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995494

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other