2日間にわたって行われた保育アップデートフォーラム2019横浜の最後を飾ったのはスタジオクラウドの落合さんによる「ドイツの保育環境から見えた子どもの育ちの本質 〜それを支える社会的価値観〜」という講演会。

 

 

Meet upを目的としていることもあり、そこには保育士だけでなく、IT関係、カメラマン、おもちゃ屋さん、保育環境のコンサル等々様々な人たちが集まった。

 

ともすると海外のの視察というと表面的な環境だけみて「凄いな〜、でも日本じゃ無理だよね」といった物見遊山的なものも多いのだが、保育環境について昔からこだわり、表層的な部分よりもその意味や意義を訴えてきた落合さんから見えたドイツの保育環境を語ってもらうという趣旨の講演会だった。

 

 

面白いと思ったのは日本でもドイツでも社会の課題として保育や教育に求められる価値観は本質的には似ているのに、何故保育環境や保育スタイルが違うのかという考察だ。

 

多様性が認められているのにもかかわらず、社会の中で共有されている「人権」「民主主義の構成員としての子ども」といった価値の大切さが具体的な事例をもとに語られたととで腑に落ちる部分も多かったのではなかろうか。

 

講演後の参加していた異業種の皆さんの感想や質問も実に興味深かったし、反省会という名のお疲れ様会は夜中まで続いたという。

 

そして、次回の講演者として指名されたのはブラジルやヨーロッパなど世界を股に掛けるカメラマン堀口さんに決定。

 

次回も目が離せませんよ。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995513

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other