2階のベランダのハーブガーデンの素材を活用して今日は木育係プレゼンツの「タッジーマッジー」作り。

 

 

初めて聞く「タッジーマッジー」とは『香りの花束』・・・芳香の中に秘められた殺菌力と霊力から身を守ることから作られ、またビクトリア女王時代になると、ハーブの花言葉を組合せ花束を作り、大切な人に贈るという習慣が受け継がれているようです。

 

指導してくれるのはくらき永田保育園グリーンアンバサダーの林和美さん。

 

 

今日は、バラ、ラベンダー、ローズマリー、ミモザ、マトリカリアなどを使って世界に一つだけの香りの花束作りです。

 

 

参加した職員たちもだんだん笑顔が広がってくるのが野草や花の力ですね。

 

 

園庭で花を摘んで花束にして遊ぶ子どもたちの姿はよく見られるが、そこに少量でも香りが入るだけでも手にした時に華やかさは全然違うだろう。

 

また、花束作りの後には保育園のハーブ(ミント系3種類)を使ってハーブティタイム。

 

 

そして、そのハーブティの横に添えられるのは、またまたグリーンアンバサダーの木下さんお手製の「イブキジャコウソウ入りのクッキー」と「エディブルフラーが飾られたマフィン」

 

 

自分で言うのもなんですが・・・「なんてオシャレな保育園なんだ!」と口にしてしまいたくなります。

 

これが、また美味しいんです。

 

 

さあ、これを保育をどのように保育に取り入れていくのか乞うご期待です。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995517

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other