昨日は二つの異業種研究会に参加し、有意義な勉強デーとなりました。

 

まずは2010年から続く中小企業の異業種交流の場として活動を続ける”海老名サロン”に潜入し、アスペングローブ代表の福本ミカさんの講演を聞いた。

 

 

福本さんは、愛知の木工職人の家に生まれた根っからのものづくりアーティスト、木や銀をはじめとして様々な素材の加工とそれらの職人さんとのネットワークの力が凄く、保育園のアクリル玩具開発に協力してくれているメンバーでもある。

 

その福本さんが語ったのは、彼女の得意とするワークショップなどの「モノコト」サービスを一過性の体験にしないために どのような考え方に立ち、サービス内容を整理してきたかがテーマだった。

 

器用貧乏になりがちな「なんでも屋さん」からの脱却というストーリーはひとつのドラマを見ているようで実に興味深かった。

 

講演の前後には、魅力的な方々を紹介してもらいました。

 

そして、講演会が終わると関内から車で保育園へ、今日の保育異業種勉強会は重要なテーマです。

 

 

昨年の2月から始まった「保育の課題をITの力で解決する」の大きな流れが、保育カムというカメラを産み出し、現在はスマホでドキュメンテーションの記録を作る実証実験が目前となっている。

 

ドキュメンテーションという記録方法は素晴らしいが、それに掛ける時間やそれを職員間、または保護者と共有するために保育者に負荷がかかってきては意味がない。

 

短時間でノンストレスで記録が出来上がる・・・そんな夢のようなツールが完成する前に製作者の想いと現場の保育士の実際欲しているものをすり合わせするための勉強会となりました。

 

制作の中心人物である大和田さんの「今日は収穫があった〜」の一言が、保育の明るい未来を感じさせてもらいました。

 

「記録」というテーマ以外にもロボットのエンジニア渡辺さんによる「言語獲得」がテーマの話題提供事例も実に面白かった。

 

『3000万語の格差』がアメリカで出版され、そこから生まれた「言葉の万歩計」というITツールの効果などをもとに現在開発中のツールの説明などしてもらいました。

 

発表者は3名準備していたのにもかかわらず、質疑応答が盛り上がり二つのテーマについての勉強会でしたが実に有意義な時間となりました。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995539

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other