55歳になった翌日から海に行ってきました。

 

オトナ13名、コドモ9名、南は九州から、そして、仕事もバラバラの異業種というメチャクチャパーティが集まったのは日没前の三浦海岸。

 

 

炎天下のボンネットの上に放置したレバーをコーヒーの空きビンに仕掛け海に投げ込むことからイベントが始まります。

 

そして、ここから車で移動し、アカテガニが集団産卵する秘密の場所へ移動。

 

 

アシの森をズンズン目的地に歩いていきます。

 

足元にはベンケイガニたちの巣穴がボコボコあいていて、穴の中から僕らを眺め、近づくとスッと身を隠します。

 

生き物たちが息をひそめている浜辺に出るとちょうど日没、満潮時間。

 

 

アカテガニは真夏の大潮の夜に集団で山から降り、海辺で放仔するのですが、昨日までの台風の影響で海は時化ているため例年のようなカニの個体数は見られない。

 

やっぱり、この天気の後ではだめなのか?

 

産卵を見るのを楽しみにしていた子どもたちもいるので何とか数匹でも見られないか・・・・

 

音には無頓着なアカテガニだが、 動きに敏感なので、大きな振動や動きがあると、放仔をせず、山に帰ってしまうこともあるので静かにその時を待ちます。

 

そして、きたきたきた、岩の上から波打ち際にアカテガニが降りてくる・・・波が打ち寄せるタイミングに合わせ、お腹をパタパタパタ。

 

静かな浜辺に「お〜〜〜!」という歓声。

 

 

 

満潮に時刻と日没の時間が多少ずれていることもあったのか、ある時間を過ぎると岩場から海に向かい次々とカニが降りてきてアチコチで産卵が始まった。

 

産卵を終えたメスのカニが山へ戻ろうとすると そこで待ち構えていたオスのカニが早速交尾を始める・・・すごい世界だ。

 

カニの産卵を満喫した後は、先ほど仕掛けたウミホタルの採集だ、時化の後の海の底の様子がわからないので採れているのか??

 

 

そんな心配は関係なく、今年もすべての仕掛けにたくさんのウミホタル。

 

刺激を与えると青く神秘的に手の中で光るこのブルーライトは何度見ても感動する。

 

 

最後は海の中にリリースすると淡い青が拡がっていく。

 

テレビや図鑑で知識を得るのも大事だが、こういったリアルな体験はコドモだけでなくオトナにとっても大切だ。

 

毎年恒例になっている夏のイベントは今年も無事終了。

 

帰り道、後部座席に乗っていた子どもに「この後、セミの羽化とカラスウリの花を見に行こうか!」と声を掛けましたが、その時にはすっかり夢の中。

 

いっぱい遊んでいっぱい寝て、単純だけど幸せな時間です。

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995552

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other