30日の夕涼み会のオープニングを飾るミニライブを行う大和田さんと木村さんが昨晩、保育園で最終リハーサル。

 

子どもたちがいない保育室の透明感のある音色が響き渡るとそれだけで保育室の風景までが違って見えるから不思議だ。

 

 

1メートルという至近距離で聞く「ヴァイオリン」は、いままでなんとなく耳にしていた「ヴァイオリン」とは全く違った楽器に見える。

 

羨ましそうな視線で「弾いてみたい」とお願いすると・・・

 

まず、「手を洗ってください!」 

 

手の油がついてはいけないという説明と 触れてはいけない箇所を解説してもらいいよいよ初めてのヴァイオリン。

 

「足は肩幅に開いて〜〜〜肩の中央に〜〜〜視線は〜〜〜をみて〜〜〜」

 

 

言われるがままに楽器を手にすると・・・・か、か、軽い、そして小さいというのが第一印象。

 

1キロどころか 500グラムのペットボトルくらいの軽さ。

 

早速弦を弾いてみた・・・・一応、不快ではない程度の音が出る。

 

「センスありますよ」という社交辞令が嬉しい。

 

「豚もおだてりゃ木に登る」は事実だ。

 

何度か手を動かしていると この小さな楽器にしては音が大きい。

 

そして、触ると実感するのがこの楽器の繊細さと 表現の可能性。

 

ビブラートさせたり、ピチカートしたりというテクニカルな技法の表現という事ではなく、思った以上にアナログで楽器とどのように接触するかがきっとポイントなのだろう(数分しか体験していないのであくまでも感想です)

 

「倍音が出せますよ」といきなりハードルをあげられ撃沈し、楽器を返し、また、リハーサルが始まった。

 

手にする前と後では、音色も何もかも違って聞こえました。

 

30日はジブリメドレーで夕涼み会が始まります。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995556

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other