今となっては確認することもできないが、うちの親父は「パリ」を「巴里」とわざわざ書いていた。

 

芸術など縁のない男だったので、恰好つけていたのか、それとも、親父なりの美意識だったのか・・・

 

現在、巨匠ルネ・クレール監督の生誕120周年を記念して上映されている『巴里祭』を観てきました。

 

 

宝塚少女歌劇団が「モン・パリ」が大ヒットした時代に上映された映画なので、勝手に「花の都」また、「芸術の都」としてのパリが感じられる恋愛映画と思いきや映画で描かれた街の風景は「東京の下町」を思わせるようなものだった。

 

パリにもこんな下町風情のある場所があるのか・・・と昭和初期の人たちは親しみを感じたのではないでしょうか?

 

親父もこの映画を見たのかな?


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995580

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other