今日は区内の保育園の職員研修、あそぶジーこと浦部利志也さんを講師にお招きしての「あそびのワークショップ研修」でした。

 

 

新聞広告、巻ダンボール、マスキングテープといった身近な素材のみ・・・4〜5歳児 34名

 

「まるめて、ころがして遊ぶよ〜」というテーマを聞いただけで子どもたちも表情がキラッキラ。

 

 

はじめに広告紙や新聞紙を力いっぱい丸めてマスキングテープでクルクルまいて・・・シールを付けたら、世界に一つのマイボールが完成。

 

それを使って、ボウリングやキャッチボール、坂を作って転がすなど思い思いの遊びが同時多発的に始まります。

 

 

巻ダンボールはトンネルになったりポールになったり、子どもの遊びを広げるための素材に変身し続けます。

 

 

複数のともだちと協同でつくったり遊んだりも良し、自分で転がして自分で受け取るを何度も何度も繰り返しても良し。

 

子どもひとりひとりが素材という環境に自ら働きかけて遊び、そして、遊びが深まっていく・・・見ていて気持ちが良い時間。

 

 

あそびのワークショップが終わり、研修に参加してくれた皆さんとフィードバックタイム・・・その時にチラッと子どもたちの方に遊びに行くと「今度さ、2階のテラスからやるといいよね」

 

なにやら、壮大な遊びイメージを共有したようです。

 

学びが多かった研修ですが、個人的に面白いなと思ったのは「マスキングテープ」

 

 

今までも使っているありふれた素材ですが、マスキングテープは「失敗しても大丈夫だよ」という子どもに安心感を与える素材なのかなと実感。

 

ガムテープやセロテープはイメージした使い方が出来ないとおもうと表現活動にブレーキがかかってしまうことがありますが、手で千切れ、間違ったら剥がして張りなおせるマスキングテープは、子どもたちの失敗に寛容な試行錯誤を保障してくれる素敵な素材に見えました。

 

芸術の秋、子どもたちの創作意欲が高まりますように!

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kids.starsol.jp/trackback/995585

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other