「ワクワクを繋ぐモノ作り」をモットーに 各地で魅力的なワークショップを展開する『aspen grove』さんが、またまたクリスマス前に素敵な玩具を紹介してくれた。

 

 

名前は「kinoiro tree」

 

ヒノキ、クリ、ホウノキ、ブナ、サクラ、ケヤキ等々、いろいろな種類の木が重なってできたツリーです。

 

ここまでなら、フツーの話だが、代表の福本さんが目指しているのは「木のおもちゃ」を作るだけではない。

 

実はこのツリーに使われている木材は小田原で小田原漆器や銘木椀を加工から塗装まで一貫生産している薗部産業で使われている木材の端材でつくられているのだ。

 

 

お椀やお皿になれず、廃棄される予定だった木材たちに新たな息吹を与え、世界に一つだけのおもちゃに変身して、僕らの所に届く。

 

まさに循環型経済(サーキュラーエコノミー)だ。

 

今、僕が一番興味を持っているテーマ「今まで価値が無いと思われていたものに新たな価値を見出し活かしていく・・・それも地元で」

 

そんな考えを持った「aspen grove」のワークショップの拠点が2020年井土ヶ谷に登場します。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other