8月に発売され様々なところで話題になっている家族型ロボット「LOVOT」がくらき永田保育園に一日体験入園することが決まりました。

 

ロボットなのに人の代わりに仕事はしない。

 

ロボットなのに信頼関係を結ぶことが出来る。

 

ロボットなのに社会性を感じる。

 

 

くらき永田保育園では、今までも子どもの人間関係を構築する力を育むために「きぼっと・ぽせいどん」のような木の人形を活用したり、地震で被災した豚のぬいぐるみを預かりお世話し、一緒に生活することで、「やさしさ」「おもいやり」といった目に見えないけれど大切な力を育くむような保育実践をかさねてきました。

 

そんなこともあり、このLOVOTという新しいタイプのロボットが保育・教育現場にどのように関わってくるのか注目していました。

 

そのタイミングに今年行われた「手作りおもちゃのハッカソン」にLOVOTを開発したロボットベンチャーのGROOVE Xの小川さんが出場してくれたことが縁で今回の「LOVOTの一日保育体験」が実現することになりました。

 

日程や交流内容はこれから決めていきますが、子どもだけでなく、職員にとっても貴重な気づきや勉強の機会になるような気がします。

 

詳細が決まりましたら、また報告しますのでお楽しみに。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other