会いたくて、会いたくて、会いたくて真冬の三浦海岸へ。

 

目標はもちろん、冬の海のアイドル「ダンゴウオ」

 

過去2回捕獲作戦に失敗し、「でも、冬の磯は楽しかったね〜!」と自分に言い聞かせて納得していたが、やはり本物を見たい。

 

日曜日の夜は月も出て明るく、水温も気温もそれほど低くない、波もべた凪と最高コンデション。

 

 

僕の海の師匠ともいうべきマリンパークの岩瀬君、いまや世界的に有名になってきた透明標本の冨田伊織君という強力な助っ人を引き連れての豪華な探検だ。

 

しかし、現実は甘くないターゲットのダンゴウオは2センチくらいの豆粒サイズ、一方、見渡せば海はどこまでも広い。

 

1時間、2時間、3時間・・・見たこともないような生き物は見つかるがターゲットのダンゴウオは現れない。

 

だめか・・・と思っていた瞬間「おっ、お〜〜っ!」

 

真夜中の海に大きな声が響き渡る。

 

 

水深15センチくらいのタイドプール上の所でふわふわと移動するまん丸の物体。

 

 

そして、見られただけでも大満足なのに「子どもたちに見てもらった方が良いですよね」と貴重な一匹をいただきました。

 

本日より、玄関ホール事務所前の水槽に展示してありますので、是非探してみてください。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other