『小さな表現者展』が始まる前、職員にお願いしたことは「子どもたちに湧き上がったこと、子どもたちに起こっていることを熱く語ってほしい」という事でした。

 

 

子どもたちの活動へのねらいや配慮の話もいいけれど、子ども一人一人が何を感じていたかという心の中で起こっているドラマを自分の言葉で語ってもらいたいと思いました。

 

 

上手にできたとか出来なかったなんて世界でなく、その子だけが感じた世界、まさしく子どもそのものという世界をしっかり見ていたことを伝えてほしいとお願いしました。

 

 

それが、本当の意味で一人一人を大切にしているという事だと思うので・・・

 

 

また、個人的に嬉しかったのが保護者の皆さんも本当にじっくり子どもたちの作品などに向き合ってくれたこと。

 

 

一枚の絵を通して子どもの素晴らしさを語り合えたり、自分の子ども以外の作品にも愛情と尊敬の想いを持ってみていただけたことに感激してしまいました。

 

遅くまで残って、工夫を凝らし小さな表現者展に向けて準備をした職員の頑張りが報われたのではないでしょうか。

 

ありがとうございました。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other