当たり前のことだが忘れてしまっている事・・・お米は「種」である。

 

僕らが食べているお米は精米されてしまっているのでもちろん初が出来ないが、その前の段階の「たねもみ」を水に浸して数日たつと・・・

 

 

ビックリするくらい同時に芽が出てくる。

 

これだけの集団が同じ行動をとるなんて人間ではなかなか難しいな〜などと考え、そんなところにお米の凄さを感じる。

 

以前農家のスズキさんの「種も豆も一緒なんですよ・・・ヒトはタネを主食にして生きているんです」という言葉に感激したことを思い出す。

 

この小さな芽が、子どもたちの口に入るまでの生長をレポートしていきたいと思います。

 

さて、最初の難関は、この恐ろしい三密状態。

 

このまま根がからまり、土に移動するときに絡まってしまい大変なことになってしまうので、今後はここを工夫しなくては・・・

 

 

しかし、可愛いでしょ。

 

みなさんも玄関ホールの種もみに声掛けしてあげてください。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other