はじめて八重ドクダミを見たのは 確か鎌倉の東慶寺。

 

当時はまだドクダミに良いイメージを持っていなかったこともあり、逆に何だこの美しい花は!!と驚いたものだ。

 

その八重ドクダミが保育園の2階テラスで見ごろとなっています。

 

 

ドクダミの白い花びらと見えるものは実は「ホウ」と呼ばれるもので、花に付随した葉が変形したものらしい。

 

よく見かけるドクダミのホウは4枚ですが、見かけで判断してはいけないが、なぜか「八重咲き」になると価値が上がったように見える。

 

 

今日は、そんな八重ドクダミだけでなく様々な植物が芽吹く2階のテラスで外気浴。

 

贅沢な時間が流れています。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

Comment





   

Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other