さるかに合戦などの昔話にも登場するなど、日本人に昔からなじみのある柿。


柔らかくて甘い熟れた柿が好きだ! という人も多いかと思いますが、渋柿を干して甘くする干し柿は手間をかける分、美味しさも特別なものになりますね。

 

渋柿のやっかいな成分「タンニン」はにがみや渋みもと。

 

タンニンが口の中で溶けてしまうと、渋みが口の中に広がってとても食べれない柿になってしまいます。

 

それを消毒して焼酎につけて干すことにあら不思議・・・甘さが増した干し柿に変身です。

 

 

気温が安定しなかったり、大雨が降ったりもあったこともあり、少々見てくれは悪いですが、くらき永田産の干し柿の完成です。

 

 

子どもも食べ物も「手間をかける」ことが大切だなと再確認しながら甘い柿をいただきます。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

しっかりとした縫製、フェルトのボタンとフェルトのスナップの5色の魚。

 

 

並べるも良し、繋げるも良し、可塑性のあるおもちゃとして重宝しています。

 

 

(5種類各10枚で販売しています)

 

和歌山の「こどものやかた」で購入できます。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

12月8日はお釈迦様が悟りを開いたと言われる大嘗会、それを狙ったわけでもありませんが、本日は早朝から金沢区にある白山 東光禅寺で座禅会。

 

 

凛とした空気が流れる禅堂に子ども、年配の方、外国人の方など30名近くの人が集まっている。

 

住職の法話を聴いた後、般若心経を読経していよいよ座禅15分を3セット。

 

姿勢を整え、呼吸を整え、自分自身の内面へ目を向けていく目的を解説してもらい、「座禅とは我慢するものではなく、気持ちよく坐ってください」という言葉で座禅スタート。


ひたすら坐ることによって静め、本来の自己を見つめ直してく・・・・つもりだったが、まあ、心から湧き上がる雑念、雑念、雑念。
 

呼吸だけに意識を向けようとしても、姿勢だけを考えようとしても「ただ ある」ことの難しさ。

 

でも、社会的養護系の仕事をしていた時の、単一集中によるマインドフルネスといったことに強い興味を持っていた頃を思い出しながらの楽しい時間となりました。

 

座禅を終えてからは、カフェギャラリー&窯 ばおばぶへ。

 

 

木や緑に囲まれたお店は、森の中にある秘密基地のような雰囲気。

 

築80年の古民家をリノベーションした店内は畳敷きの和室あり、テラス席あり、シャンソンをBGMにオーガニックな食事。

 

マインドセットな半日でした。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other