千葉県富津にある保育園で研究会。

 

到着するとちょうど、関東学院大のK先生と駐車場でバッタリ。

 

一緒に玄関に入ると・・・なんと、全く同じシューズ。

 

 

なんという偶然!!と二人で顔を見合わせているところを 玄関ホールにいた年長児が見ていたようだ。

 

数分後、保育室にはいると その子がつかつかと近寄ってきて「ねえ、あそこにいる男の先生とお友達でしょ?」と声をかけてきた。

 

「そうだよ、なんでわかっちゃった?」と聞くと、本当に嬉しそうな表情をして「わかるよ〜、おれは〜」

 

自分の保育園でなくても楽しい場面がいっぱいです。

 

 


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

様々な自然療法の実践者から共通して言われることは言い方は違えども「風邪は治すものではなく経過するもの」という考え方。

 

最初はよく理解できなかったが、自分なりに自分の言葉で理解できるようになって気がする。

 

風邪をひくと、熱が出て汗をかく。

 

汗は体のバランスを整えるし、汗はいらないものの排泄。

 

だから、風邪ひき上手になってカラダの大掃除をするために、無理に薬で熱を抑えたりせず経過するのを待つことを推奨しているようだ。

 

汗でも熱でも必要があって出るのだから、その現象を全うさせるという事なのだろう。

 

その考えは理解できるが、仕事もあるし、より早くその現象が経過してくれる方がありがたい。

 

ここ数年、僕がおススメの風邪の経過をスムーズにするための方法と言えば・・・

 

 

足湯。

 

整体をやっているMくんから教えてもらったが、僕にはあっている気がしている。

 

昨日、寒気を感じアレっと感じたのでやってみた。

 

そして、今日は絶好調・・・足湯のお陰か、思い込みが強いのか??

 

自分のカラダと対話するって難しいが面白い。

 

 


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

年に一度だけ訪れる「幻想のモテ期」・・・バレンタインデー。

 

今日も職員だけでなく、様々な方からチョコレートをいただいた。

 

改めて様々な人のお世話になっているのだなと実感する瞬間でもある。

 

そんなバレンタインデーの前夜22時過ぎに北海道のM園長と「どちらがモテるのか勝負」という話が盛り上がった。

 

数で競うのは面白くないので、構成遊びの専門家でもある僕らは高さで勝負をしようという事になる。

 

そして・・・・

 

 

160cmオーバー!!

 

これが縁と恩と義理人情のマネジメントを旨とする園長の実力だ(笑)


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

次年度の保育を考える日々が続いているが、ここのところアウトプットするものが多く、中身がスッカラカン。。。ということで本日は自分の引き出しを充実させるための一日に。

 

 

この写真だけ見て、何か分かった人は相当の”おもちゃ通”

 

まずは、トイークの清水さんが企画した「浅草パズル&ゲームフェスティバル」へ

 

伝統的なおもちゃや動くおもちゃを作るワークショップは子どもたちに大盛況。

 

また、最新のパズルやアナログゲームの体験販売の他、アナログゲーム療育講座なども行われていた。

 

 

続いては滅多に訪れない自由が丘へ。

 

今まで興味はあっても手を出さなかった分野へ今年は挑戦だ。

 

奥の深い分野だが、保育への活用範囲も広そうなのでしっかり勉強していきたい。

 

そして、最後は畑へ。

 

 

風はまだまだ寒いが、確実に春は近づいている。

 

楽しいことがたくさん頭の中に芽生えてきますように!


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

開園16年という短い歴史だが、今回ほどインフルエンザの流行に悩まされた発表会はない。

 

もともと発表会に向けて練習一色になる保育ではないが、一方で創作劇などを遊びながら話し合いながら作り上げる時間を重ねるようなスタイルをとっているので、お休みする子どもが多く顔合わせもできないまま迎える発表会は保育士として悩ましかったに違いない。

 

 

登園許可を昨日もらい、一週間ぶりに保育園にきていきなり発表会を迎える子どもたちであっても今できる最高の自分を発揮できるように舞台裏では徐々に気分を盛り上げ。

 

 

子どもたちと目が合う位置に座り、安心と安全の空間を作り困った子どもが居れば、その子にさりげなくジェスチャーでメッセージを送る。

 

 

観客や保護者の皆さんには、「できた・できない」といった評価にならぬよう、担任が思う保育のねらいや子どもたちの育ちのポイントを自分の言葉で語る。

 

 

保育士たちは子どもたちのために、今できることは何かを考え努力し、そして、最後は子どもたちを信じて祈りながら子どもの表現活動を見守っていた。

 

そして、演技が終わり、舞台裏で一人一人に声をかけている姿に僕は感動を覚える。

 

保育士の仕事は専門性が高く、苦労も多い、でも、この人間的な営みのなかでこれからも保育をしていきたい。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

負けることはわかっている。

 

 

誰が見たって勝てるわけがない。

 

 

大人気ないと言われても勝負したくなるのが男の子。

 

 

そして、三日経過した今でも筋肉痛。


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

数年前に出会った時には、保育を熱く語る若手の男性保育士だった村松良太先生。

 

そんな彼が、本日開催した自主公開研究会は本当に素晴らしかった。

 

 

保育園が単体で公開保育を実施し、また、現場の職員がそれに合わせて実践発表を行うという研修スタイルは簡単なことではない。

 

それが、職員、ひいては子どものためになるとはわかっていても実際、日常の業務と並行し準備をしてく大変さは経験したものにしかわからない。

 

それも、ただ実施するというだけでなく、質が良いのだ。

 

保育園、市民会館、森の保育園の三会場を活用し、様々な運営主体の子ども関係の施設長や保育士が興味を示しそうなテーマを提供する公開保育は受付〜導入〜アテンドどれをとっても配慮が感じられ、実に気持ちが良い。

 

伝えたいことが明確なので、質問する側も安心して質問している姿が印象的だった。

 

 

また、都会では考えられない、このような森の中での公開保育も参加者のテンションをあげてくれる。

 

 

研修運営には法人の職員だけでなく、保護者やボランティアの学生さんも楽しそうに参加している。

 

保護者の方ともいろいろお話させてもらったが、保護者というよりもアンバサダーとしか思えないような応援団。

 

圧巻だったのは午後からの職員さんによる6つの実践発表を中心とした交流会。

 

 

20代前半の若手の先生が、自分の言葉で自分の保育を語るのだが、その内容、テーマの設定、そして、質問への受け答えを堂々と行っている姿は見事なものだった。

 

研修会の最後にゲストとしてトークライブに参加させてもらったが、「保育園でのコミュニティの創造」といった壮大なテーマを語っり合うもので、僕にとっても大きな気づきを感じられる貴重な時間を得ることが出来た。

 

研修を企画した主催者は成長を自ら感じ、研修の参加者は自分の保育へ還元できる具体的な何かを持ち帰れる・・・そんな参加者全ての満足度が高いイベントでした。

 

 

そうそう書籍も販売していただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

午前中、存分に雪遊びをした園庭に残った雪を利用して保育士が作ったのが、これだ!

 

 

日が暮れたらキャンドルライトアップが始まります。

 

お迎えの時には、是非、記念写真を!!


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

ハーニャの庭の屋根の修繕が佳境を迎えています。

 

おととしの夏にスズキさん家の畑にタイニーハウスを作ったときに屋根作りの手伝いをやらせてもらった経験を活かし、本日は、野路板の上に防水シート(ルーフィング)を設置する作業をやらせてもらう。

 

 

僕は高所恐怖症ではあるが、「屋根の上」で作業したりするのは大好き。

 

子どもの頃に見たホームドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで物干し台や屋根の上で楽しそうに歌っている姿が僕にとっては憧れでもあったからかもしれない。

 

 

特別に杉板が余っているのを聞いて入り口に庇ををつけた。

 

こういった大工さんの技術には感心してしまう。

 

いいとこどりが得意な僕は、特別な銅の釘打ちをさせてもらって、いかにも自分が作ったように仕上げを任せてもらう。

 

来週の餅つきは小雨予報、雨を凌ぐ避難場所が完成です。

 

 


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!

クマファクトリーの横山さんが旭川から突然現れた。

 

「八朗先生にプレゼント、月末の講演で使ってよ!」

 

 

袋を開けてみると昨日テレビでも紹介されていたという指に付けるマウス。

 

レーザーポインターを使い始めた時も 新しいおもちゃをもらった子どものように喜んだ僕ですが、、、、使いこなせるようになるのでしょうか?


育児・保育園児 ブログランキングへ応援クリック!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリック!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other