韓国語の本を翻訳させたら日本一のライター斎藤真理子さんがブロンズ社から出した『3人のままと3つのおべんとう』を読んでみた。

 

 

子育て、家事、仕事を両立させ奮闘するママたちにとって、大切な子どもたちが遠足に行くときのお弁当を作るのは簡単なことではありません。

 

それは日本でも韓国でも一緒。

 

大忙しでお弁当を作り終えて、子どもたちを送り出し、また忙しい一日が始まります。

 

そんなこととは関係なく、子どもたちは楽しい遠足の時間を過ごします。

 

そして、お迎えに行ったときママたちが得たものとは・・・

 

働くママたちの小さな幸せがジンワリと伝わってくる読後感がとても良い絵本でした。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

デザイナーの安西さんと アニメーターの村山さんにもお手伝いしてもらいアートワークショップ。

 

 

「何かを描く」という目的なんて何もなし。

 

筆を動かし、その感覚、その線を見て、自分のココロが反応し、次の線を描いていく。

 

 

また、友達の描いた線に触発され、それに応答するように筆を動かす。

 

今の動きが次の動きに繋がっていく、そして、その楽しさが伝搬し、人が集まり「自分もやりたい」という空気が広がり、さらに表現活動が解放されていく。

 

楽しい。

 

また、突き動かされるようにどんどん筆を走らせる子どももいれば、逆に立ち止まり思考する姿を見せる場面も見られる。

 

 

頭の中で自分と対話しているのだろう。

 

出来上がった作品は「上手、下手」といった世界ではない「楽しい・不思議・面白い」の時間でした。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

朝から冷たい雨・・・

 

外にも出られない、でも、動きたい、声だって出したい。

 

そんなときにわらべうたは最高の遊びになりますね。

 

 

オーガンジーで優しい風を起こしながら、身体を動かしながらやさしい声で歌いあそぶ。

 

わらべうたが園舎に響いている時は「平和」を感じます。

 

でも、ちゃんと全身を使い、発散しながら遊べるって凄いことですね!


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other