うちの保育園の一番の人気者は事務所前のウシガエル。
僕らが子どもの頃は「食用ガエル」と呼ばれていたっけ。

彼らはなんと北アメリカのロッキー山脈あたりから輸入されたのだと聞いてびっくり!
事の起こりは 1918年  養殖が簡単で環境の変化に強いウシガエル君は日本人の貴重な蛋白源として輸入されたのでしょう。



しかし、輸入動物は昔も今も 逃げ出し、そのうち住み着いてしまうのがお約束。
各地の沼や池で野生化しいまや北海道から沖縄まで日本全土で見られるそうですよ。
今の飽食時代の日本では、あの姿のカエルをわざわざ食べようとは思わないから、これでは増えるのもあたりまえ。

食べられることのなくなったウシガエル君ですが、彼らの本能の悪食家ぶりはものすごい。
生き物ならば何でも食べてしまう。
ミミズ・団子虫・こおろぎ・バッタ等々 水槽に入れたものは全て食べてしまいます。
調べてみると小鳥やねずみ、口に入るならば何でもありだとか・・・
小さければ 蛇なども食べるという。
「へびに睨まれたカエル」なんてことわざは通用しないのだ。

しかし、この食いしん坊の彼らを 子どもの遊び相手と考えると楽しいですよ。
ザリガニを釣るようないい加減な さおに針と糸をつけて 生き物に見えそうなもの(布でも何でも可)を鼻先に持っていくと 面白いようにぱくついてくる。

子どもの頃のカエルフィッシングは刺激的だったな〜。
君たちのお陰で 「かえるを捕まえられるのは園長先生1」という地位を守っていられるよ。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

虫の名前を沢山知っている人がいます。
星に詳しい人がいます。

羨ましいな、素敵だなと思って私も一生懸命におぼえようとしました。
そして自然のことがよくわかる人になれたらいいな。
なーんて思っていました。

いろいろな生き物の名前を知ると 自然のことを理解し深くわかってきた気分になってきていました。
成長している嬉しさや 世界が広がる楽しさも味わいました。

しかし、ふと冷静になると昨日登場の岩瀬さんに比べると、「体験はあるのに学びがない」自分に気付いたりしてしまう。

誰かがつけた記号のような名前は 沢山覚えてきたけれど
結局 自然とはなんぞやは理解していない。

日本人は自然と共生してきたという言葉の意味を今頃になって深く考えたい気分。

今後の人生で「子どもたちに自然体験を!」をテーマで生きていきたい私としては
ちょっと ここいらで 立ち止まって「自然とは・・」を考えてみたいと思う。




難しいことを書いては見たものの
私のモットーは現場主義とプロセス管理!

今週末は クサフグ観察会を実施しますよ。

人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

梅雨の晴れ間 久々の休日となれば もちろん

海!!

私の自然観察 海の部の師匠 岩瀬君を誘って三浦の海へいざ出発。

我が家の釣りは catch and eat 食べられるものを釣るのが目的なわけです。

オハグロベラ キュウセン クサフグ ネンブツダイ ハオコゼ ギンポ
まー 釣れるは 釣れるは食べられない魚・魚・魚

短気な我々は すぐに 車で場所移動

途中 小網代に並んで有名な 江奈湾に立ち寄り 干潟の観察会

目が飛び出たヤマトオサガニ
背中の模様が ニコチャンマークのアカテガニ
チゴガニのオスは みんな揃って求愛ダンス
その他 カクベンケイガニ イソガニ アシハラガニ等々
さすが岩瀬さん 海の専門家 知識もすごいが 探すのが早い。



この調子で 書いていくと一日が終わらない。

中略

夕食準備は 伊吹とともに・・・




さー 今から捌くぞ!!


完成

少年よ大漁を抱け!

これぞ「遊びをせんとや 生まれけむ」

いよいよ 大好きな夏が始まりました

人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other