横浜の夏の恒例行事といえば、「国際花火大会」だろう。
昨年は台風で中止になったが、その風習が廃れることなく今年は51万人が集まったそうな。

横浜での花火は職場や自宅からも見えるためわざわざ現地にまで足を伸ばさないのだが、雑誌などで花火特集などが組まれると なぜかそわそわする自分がいる。

焚き火等の火遊びが好きな僕であるが、花火に関しては実は結構”びびり”である。

小学校の頃、近所に東大出身の何を仕事にしているのかわからない人がいた。木造一間のアパートの1階に住み、平日も自宅で過ごすことの多い怪しい人であった。

しかし、子どもは「正しい人」より「怪しい人」が好きであり。
僕は彼の魔力にはまり、学校帰りにはよくそのアパートに出入りしたものだ。

貧乏そうな彼の家ではあるが、そこには海外のコイン(貨幣)があり、それをひとつひとつ手にとって その国の話をしてくれるのだ。
刺激の少なかった時代に、この話は中途半端なテレビよりも僕の心を鷲づかみにしたのだ。

僕の住んでいる町は3と8の付く日は縁日がある。
そこで買ってもらった花火をやって「面白かった」という話を僕がしていると 彼は「花火をつくろうか!」
「えーーー 作れるの?」

彼は言った「紙と鉄とマグネシウムがあれば、線香花火くらい簡単に出来る」といって、近所の公園に砂鉄などを取りに行って、あっという間に線香花火らしきものを完成させたのだ。
ちょっと太目の不恰好な線香花火だったのを覚えている。
彼は続けて、「混合物を代えると 花火の色が変わるんだ・・」と化学の授業のような難しい話を小学生の僕に話してくれた。

その日は夜が来るのが楽しみで、弟や母親も 僅か一本の花火に期待していた。食事をさっさと済ませ、ろうそくに火を灯す。
家族全員を呼び寄せ、いよいよ花火の開始です。

ろうそくに花火を近づける・・・
なかなか火がつかない。
つかない・・・つかない・・・

ついた〜!!
その瞬間、ゆっくりと静かに瞬くように燃えると思っていた線香花火が
一気に大きな炎を上げて燃えだしたのだ。
びっくりして手を離してしまった僕。

期待して集まったみんなの微妙な空気。
父親が「白く燃えたな〜・・」とわけのわからないコメント。

翌日 東大出身の彼に報告をすると「あっ そう、失敗だった?」
怪しすぎる。

何でも自分で作ったり体験したりするのが好きな僕ではあるが、花火製造だけはお勧めしないのである。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

埼玉で中学生の女の子が父親を殺害する事件が起きました。

新聞を見ると「二人はけんかするわけでもなく、普通の父娘で動機に思い当たるところがない」といった内容が書いてある。

新聞もワイドショーも こうなると原因探しに熱くなります。
交友関係とか、昔の文集引っ張り出したりとか・・・

最近、この手のニュースが多いと思いませんか?
そして、具体的な動機がないと現代の子どもたちは、目に見えない不安を持っておりそのことが事件を起こす子どもたちに影響を及ぼしているのでは・・なんて感じたりしませんか?

僕は単純にこんな風に考えます。
”人間を簡単に殺す人は、生命の大切さを知らない人ではなくて、人間との楽しい想い出が無かった人”

人間という言葉を「父親」とか「動物」また「自然」という言葉に置き換えるとイメージがわきませんか?

先ほどの事件で母親が「勉強しろ!というくらいで喧嘩もありませんでした」とあります。むしろ、この”喧嘩もない”関係に女の子は苦しんでいたんじゃないのかな。


最近の僕の興味は自然環境。
そういう人っていっぱいいます。
口々に「自然を大切に」「後世に自然を残そう」「限りある資源を・・・」


でもね。これじゃだめだと思うんだ。

テレビで自然を破壊する人が紹介されても「ひどいな〜」でおしまいなんだよね。だれも行動に移したりはしないよ。

でも友達や家族と遊んだ楽しい思い出や記憶がある川がなくなると聞くと 違うでしょ。仲間や自然を大切にしようとする想いが湧いてくるものね。


だから、極端に言えば「楽しい思い出が地球も人も救える」のですよ。

だから、今日も僕は地球と人類の平和のために、自然の中で遊ぶのだ。

人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

二晩続きの飲み会で 最近少しは締まってきたと思ったおなか周りがまたもらやぽっこり!

いかんいかん。

うまい具合に今日から息子は夏休み、ラジオ体操から帰ったら「海行くよ」と即出発。

海で遊ぶには若干の準備が必要だが、それらは常時、車の中にある。
 .薀ぅ侫献礇吋奪函憤汰缶未發修Δ世、長く泳ぐには体力的にも絶対楽ですよ)
◆.織皀▲漾淵マボコ型のものがGOOD)
 飼育ケース(収穫した獲物を入れておくもの)
ぁ“△瓩ね(水の中の世界がまったく違ったものに見えるよ)

これさえあれば準備OK

class="pict" />
何か獲物はいるかな?

今日は大潮、海の中は生き物天国。
鮮やかな黄色い魚のナベカ
熱帯魚のような青いソラスズメダイ
たくさんいるがなかなかつかまらないキヌバリ
ネンブツダイやらキュウセンなども普通に泳いでいるではありませんか?

20分も探せば


さらに こんなのもたくさん採れます


さらにさらに
class="pict" />
ヒトデまでゲット!!

やっぱり夏は海だよね!!!

あれ? タイドプールの話をするのを忘れてた!!

人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other