今日は世田谷のあるK法人さんに声をかけていただき講演会。

 

 

理念を保育の中で「見える化」したり、子どもや大人の動きを「言葉化」しながら、保育を具体的に改善していく話をさせてもらった。

 

そちらの方は、置いておくとして、今日会場となった保育室の話。

 

並木通りを進んでいくとウッデイな外観の保育園が見えてきた。

 

建物のサイズ感や位置関係を確認し、玄関に入る。

 

講演開始までの時間があまりなかったので、そのまま会場となる異年齢クラスの保育室に入ると「おっ!」

 

 

図面が無いので説明しにくいのですが、基本的に長方形の保育室が多いこの業界だが、こちらの園の形は星型のような面白いカタチ。

 

正直、デザイン性は高いが、棚を置いたり、机を配置したり、子どもの動線を考えていくと使いにくいのではないかと思われる空間が上手に構造化されているのがすぐにわかる。

 

「ムムム、おぬしやるな!」と想った瞬間、用意した資料では物足りないのではないかと不安になり、理事長先生に「この保育室はどのように作ったのですか?」と質問したところ、設計や建築は専門の業者さんだが、家具などのレイアウトを行ったのは”クマファクトリーの横山さん”だという。

 

やはりそうか・・・

 

ここ数年、保育室の環境に関する書籍も増え、子どもが主体的に環境に働きかけられるような保育室がふえているが、「遊び」「食事」「排泄」といった部分部分の環境ではなく、保育園が開所している時間帯全てのことを考慮して家具などをどのような意図で配置するといった議論はあまりされていないのではないだろうか?

 

一度、棚を置いてしまうとなかなかダイナミックに保育を変更することもできないので、最初にどのように家具をレイアウトするのは、「どのような保育をするか」の一番大切な部分なのかもしれない。

 

保育士さんがいくら頑張って動き回っても動線が悪かったり、子どもが生活の見通しが立ちにくい環境では落ち着いた生活は難しい。

 

今年は、スケルトンの空間から保育室を作り上げる時の「保育空間の構造化」について語れるようになりたいなと思ったのでした。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

宅急便屋さんが大きな二つの箱を届けてくれた。

 

中身は大量のレゴブロック。

 

 

くらき永田保育園では、構成遊びの素材は積み木などが中心でレゴブロックや井形ブロックは実は置いていません。

 

しかし、今回秘密結社ブロック団(楽しみながらブロックを通じて子ども達にモノづくりの魂を伝えることを理念とする団体)から、交流の提案をいただきました。

 

ブロックで日本を熱くするというメッセージにも惹かれ、明日から「7日間レゴブロックワークショップ」を行います。

 

ひとりひとりの作品が大きなテーマの中でどのようなものになっていくのか、また、この一週間でどのような話し合いや物語が生まれるのか・・・一過性でない7日間ワークショップという手法もどんな効果が表れるのか楽しみでもあります。

 

 

小さな表現者展は終了しましたが、子どもたちの創作遊びや学びの機会は続きます。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

昨日の「小さな表現者展」には本当に多くの人たちが訪れてくれました。

 

 

今頃ですが、今回は「遊びと生活の延長線上にある表現活動」というのが僕らが皆さんに伝えたかったテーマでした。

 

 

テラスで葉っぱを触ったり、同じおもちゃで繰り返し遊んだり、給食を食べたり、トイレに行って着替えたりといった毎日繰り返す他愛もないと思われる行為が表現活動につながるイメージって湧きにくいかもしれません。

 

しかし、いろいろなものに「触れたり、見たり、聞いたり、味わったり、嗅いだり」を「遊び・食事・排せつ・着脱」という毎日毎日繰り返す行為が発達を促し、世界を拡張し、豊かな表現活動に繋がっていくことを伝えよう。

 

そのことを昨晩も今朝も職員に話しました。

 

 

1歳児が数分間集中して作った「穴の開いた紙にストローに通した作品」だって上の写真に書かれているような生活や遊びの時間の積み重ねがあることを僕らは知っている。

 

だから、飾られている作品は「上手、下手」または「できた、できない」なんて視点で見ることはできないし、そんな評価は意味がない。

 

 

子どもの体験を通し、子どものココロが動き、そしてカラダが動いたら作品になった。

 

そんな感じ・・・

 

 

世の中には上手に絵を描いたり、跳び箱を飛べたり、英語を話せたりといった○○メソッドなるものもあるかもしれないが、くらき永田保育園では遊びと生活を豊かにすることだけに拘ってこれからも保育していこうと思う。

 

大人も魅了されるような作品や 大人も描きたくなるような衝動に駆られる作品はそんな方法から生まれているような気がします。

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other