「小さな表現者展」は、大盛況のまま無事に終了できました。

 

親子で楽しんでいる様子を見ているだけで幸せな気分になれました。

 

職員たちもいままでの頑張りが報われた時間だと思います。

 

そんなイベントが終了し、お弁当を食べた後は「ネーチャーゲーム」研修です。

 

 

「身近な自然を保育や生活に取り入れよう」をテーマに一年間実践を重ねてきましたが、まだまだ、子どもたちに自然の面白さや自然を通した学びを提供できると実感できる研修になりました。

 

本日の講師は、ほっこり堂のかのうたかひろさん。

 

アロマを使った芳香療法を得意として高齢者施設や自主保育で実際に仕事もしていることもあり、話が実践的でリアルなので疲れた頭にもスーッと理解できるのがおススメです。

 

 

今日も簡単なアイスブレイクの後、どんぐりジャンケン、動物交差点、私は誰でしょう、ノームといったアクティビティを職員に伝えてもらいました。

 

 

ネーチャーゲームといっても本日は保育室の中、でも、体験する保育士の頭の中は今までの自然体験や知識をフルに使ってカラダとココロを動かしているのが表情を見ていても伝わってきます。

 

 

 

 

保育中に見せる表情とは違って見えませんか?

 

午前中のイベントを盛り上げてくださった、東京チェンソーズさん、和ハーブの高橋久美子さんなど強力な仲間たちも増えています。

 

来年度もくらき永田保育園の「野遊び」は楽しくなりますよ。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

いよいよ明日は「小さな表現者展」

 

   

 

展示された子どもたちの作品は思った以上に見ごたえがあります。

 

職員も語りたいことがいっぱいあると思いますので、「遊びや生活」の延長線上に現れたこどもの表現活動の世界をお楽しみください。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

今週、土曜日に行われる「小さな表現者展」。

 

見所満載ではありますが、おそらく日本で初(違っていたらごめんなさい)と思われる「光で描いた絵」は注目です。

 

昨年、ピン芸人でなくても参加できるものづくりの祭典「R-1グランプリ」で見事、優秀賞に選ばれた『光のマーチ』を使った表現活動ですが、これが面白い。

 

もともと絵は画用紙などの限られた場所に描いたりが主流ですし、当たり前のことですが二次元の世界に表現していく不自由さを持っています。

 

ところが、「空中に光で描こう」という自由を手に入れると、はじめは、どのように体を動かせば、どのように描けるというイメージもないため紙に描くように「ハート」とか「四角」といったものを表現してしまうのですが、出来上がった作品を見ながら試行錯誤を繰り返していくと・・・・

 

 

写真の綺麗さもさることながら、この絵を描くために子どもたちが話合い、自分のカラダを調整しながら動いている・・・それも嬉しそうな表情をして楽しみながら描いている姿を見ていると大人である僕らもやりたいな〜って気持ちが沸き上がります。

 

 

「描きたい」「表現したい」「もっと」「もう一回」

 

「そして、出来上がった作品に付けられた題名にも注目してくださいね。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other