本日、久良岐母子福祉会館の落成式が行われました。

 

 

節目の日に気持ちを書いておこうと思います。

 

建て替え前の久良岐母子福祉会館が竣工したのは今から48年前、ちょうど私が小学校一年生になる時でありました。

 

今回設計管理を行ってくれた安江先生のお父様が設計されたその施設は、保育園と乳児院と母子寮という3つの児童福祉施設を合築させ、子どもと家庭の問題は久良岐にくればワンストップですべて解決できるという画期的な視点をもった建物で 今、考えてみても斬新なものだったのではないでしょうか。

 

高度経済成長の中、社会のニーズを受け止め、入所は常に満員、保育園では今よりも多くの164名の定員に加え、夏季こども学校には50名を超える学童児が地域から集まるなど施設機能を120%活かした運営がなされていました。

 

私は両親が住み込みで働いていた関係もあり、ここで生活し、入所者や職員の皆さんに、久良岐のDNAを受け継ぎ、現在の鈴木八朗のベースを 形作ってもらったと思っています。

 

大学を卒業し、数年外の空気を吸って25歳の時に久良岐に戻り、現在の母子生活支援施設(母子寮)に勤務しました。

 

昭和45年当時最先端の発想と最新の機能を備えた施設でありましたが、平成という時代に変わり、20数年経過したそこに戻ってみると、風呂もなければ、電話もない、トイレは共同、6畳一間に中高生含め4人で暮らさねばならないという世帯もありました。

 

暴力や貧困・差別から抜け出すため、全てを捨て、もう一度やり直そうと入所してきた人たちにとって、そこは、新たな悩みを生み出す環境でもありました。

 

ある日6年生の男の子が「お前の家には風呂も電話もない」という理由でいじめられ泣いて帰ってきて「俺が何をしたんだ!」といって私の胸をどんどん叩いた時の悔しさというかやりきれない感情は今でも忘れられません。

 

この劣等処遇的な状況を打破しなければ、福祉の向上などありえないと中規模修繕などを行い環境の改善を図っていた1995年には阪神淡路の大震災もあり、施設機能の課題加え、耐震の問題も重なりにわかに「建て替え」という言葉がリアルになってきました。

 

しかし、現在の最低基準を満たすだけのスペースは中里の地では不足していましたし、都市計画法の絡みもあり道路幅の問題等で今日という日を迎えるには20年以上の年月を費やすこととなりました。

 

本当に長かった。

 

 

そして、本日、母子生活支援施設の戸塚移転、乳児院の転園と保育園の仮園舎づくり、旧園舎の解体と建設、引っ越しと丸6年かけてのプロジェクトがひと段落着きました。

 

落成式が終わり気が抜けた状態で保育園に戻り、机の上に溜まっていた書類に手を付けようと思いましたが、頭の中では今日、様々な方々から頂いた励ましの言葉が次々と浮かんできました。

 

疲れてはいますが、まだまだ頭は興奮しているようです。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

忙しく仕事をすればするほど週末くらいは「森」に行きたくなる。

 

ということで藤野で行われている「森のスコーラ」というイベントに参加。

 

まず出会ったのが、15周年記念イベント「クリプトメリア」でジビエソーセージを販売してくれた長野の自然農園ゆいまーるの圭ちゃん。

 

 

なんと、僕が前から興味を持っていた「ひまわりの種の搾油体験」をやっているではないか!

 

低温圧搾といって非加熱で搾りたての油が作れるので、今話題のスーパーフードであるαリノレン酸(オメガ3)の摂取方法としても最適なのだろうが、これがなかなか大変。

 

10ccの油を取ること困難さを体験できただけでも今日という一日は価値があると思った。

 

 

続いては、こちらもお世話になっている木のスプーンでお馴染みのスタジオ・YESの有馬君。

 

台風の被害にあって心配だったが、相変わらずの明るさで夢のある森づくりの話を聞かせてもらった。

 

また、上野村に行くしかない!

 

 

その他にも「森で遊ぶ」「森を遊ぶ」マインドの人たちと触れ合い元気をもらう。

 

 

藤野在住の絵本作家 西村繁男さんの絵が描かれたトラックに近づいてみるとそれは、絵本の移動図書館だった。

 

素敵な実践が、個人の努力と想いで行われているのだな〜と改めて感じる一日でした。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

お世話になっている倉敷の遍照会の「小規模保育園」にフォーカスした公開保育に呼んでいただいた。

 

 

以前から一緒に勉強させてもらっている仲間なので、「こんな公開保育になるのだろうな〜」と予想していたのだが、実際に保育室を見せてもらうと 「養護」に関してだけでなく「乳児の学び」に関してのねらいや配慮が環境を見ているだけでも伝わってきて感動。

 

さらに公開保育のために用意してくれた20ページの資料が素晴らしいのだ。

 

そのままムック本として販売しても良いのではないかと思うくらい細かく「保育の構造や仕組み」を見える化してくれている。

 

 

参加していた保育士さんも物見遊山の見学にならず、自分の園に持ち帰るお土産をたくさん得られたのではないか。

 

公開保育を終えると大原先生が児島に連れて行ってくれた。

 

そう、国産ジーンズ発祥の地として有名なジーンズストリートの児島である。

 

 

約400mほどの商店街に並ぶジーンズショップは短時間ではとても見て回れない。

 

そして、昨日10月26日は偶然にも「デニム」の日だった。

 

「10」を「デ」にするところは、方言にしても強引だなという印象は持つが、この偶然の訪問の機会があったのだから「買う」しかない。

 

いろいろな繋がりの中で岡山に行く機会が多くなっているが、「人・食事・ロケーション」と三拍子そろったこの地域がますます気に入ってきました。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

お世話になっている倉敷の遍照会の「小規模保育園」にフォーカスした公開保育に呼んでいただいた。

 

 

以前から一緒に勉強させてもらっている仲間なので、「こんな公開保育になるのだろうな〜」と予想していたのだが、実際に保育室を見せてもらうと 「養護」に関してだけでなく「乳児の学び」に関してのねらいや配慮が環境を見ているだけでも伝わってきて感動。

 

さらに公開保育のために用意してくれた20ページの資料が素晴らしいのだ。

 

そのままムック本として販売しても良いのではないかと思うくらい細かく「保育の構造や仕組み」を見える化してくれている。

 

 

参加していた保育士さんも物見遊山の見学にならず、自分の園に持ち帰るお土産をたくさん得られたのではないか。

 

公開保育を終えると大原先生が児島に連れて行ってくれた。

 

そう、国産ジーンズ発祥の地として有名なジーンズストリートの児島である。

 

 

約400mほどの商店街に並ぶジーンズショップは短時間ではとても見て回れない。

 

そして、昨日10月26日は偶然にも「デニム」の日だった。

 

「10」を「デ」にするところは、方言にしても強引だなという印象は持つが、この偶然の訪問の機会があったのだから「買う」しかない。

 

いろいろな繋がりの中で岡山に行く機会が多くなっているが、「人・食事・ロケーション」と三拍子そろったこの地域がますます気に入ってきました。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

愛隣会 民衆館の江森理事長、匡済会 はまかぜの工藤さん、同胞援護会の岡先生、そして、わが久良岐母子福祉会の長井理事長の福祉業界の重鎮4名があつまり南区福祉事業の成り立ち、それも関東大震災、横浜大空襲などを経て、先人たちがどのように現代の福祉へを繋いでくれたのかを語る研修会が行われた。

 

 

70歳を超えた大先輩が、そのひとつ上の代の先輩から語り継いだエピソードや実際に自分が体験してきたリアルな事実は、臨場感たっぷりに伝わってくる。

 

油脂焼夷弾やエレクトロン焼夷弾、ホテルニューグランドを占拠したGHQの話、乳児保護協会とララ物資や戸塚のミルクステーション、戦後に寿町がどのように出来上がってきたのか等々、参加者が前のめりになって聞き入っている。

 

こういった先人たちの努力や発想、そして,縁と恩と義理と人情の上に現在のぼくらが立っているのだと再確認出来る話だった。

 

そして、南区の福祉のDNAを強く引き継いでいる自分が、これらの福祉の成り立ちや歴史を語り継がなければと思ったのである。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

地元六ッ川から世界に向けて様々な文化を発信し続けるトミーズカフェの山田ベンツさんから一冊の本が送られてきた。

 

 

「enjoy  ist。かながわ」〜いっしょにそとでたのしもう〜

 

その本は取材から編集までハンデキャップをもった子どもを持つ保護者が心のバリアフリーを目指して作られた情報マガジン。

 

黒岩知事だけでなく、TBSのドラマ「こうのどり」の撮影協力をした「こども医療センター新生児科部長」豊島勝昭先生のインタビューなども含まれており読んでいてふむふむと唸ってしまう内容が多い。

 

様々な情報があふれる中、ハンデも持った人たちが「外で楽しむ」ためにこのような情報が必要なのか! また、こういった活動が健常者だけでなくハンデを持った人たちにとっても力になるのか!といった気付きを与えてもらえる本でもあり、多くの人に手に取ってもらいたいと単純に思う。

 

「自立とは依存しないのではなく依存先を増やしていくこと」そして、この本を読んでいると自分たちもその依存先として活躍することは可能であることを再確認させてもらえる。

 

「差別はいけない」とか「命が大切」といったことは、頭で理解するのではなく、ハンデ持った人たちと普通にふれあい結果、気付いていくものだろうと改めて思った。

 

この本は有隣堂などで購入できるそうです。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

イベント・セミナー・コンサート・展示会などのプロモーションを行っているTAKAGI CORPORATIONの高木久美子さんと会食。

 

 

自称「在日宇宙人」、また、人からは「姫」と呼ばれるビジネスの世界で今もなお活躍するご婦人と園長はいったい何を??

 

今日は他愛のない雑談程度と思っていたのだが、「姫」のオープンな語り口調と 今まで聞かれたことのないような質問を受けていると不思議と何かが覚醒してくるような錯覚?を感じさせてくれるため、ついつい話も進む。

 

最近は年配の異業種の方々から刺激をもらう機会が多く、そのたびに自分の使命などを考えたりする。

 

一方、園にいると現場では今日も細かな課題や問題が沢山転がっている。

 

そして、それらを地道に解決していく仕事も面倒だが嫌いではない。

 

8月の誕生日の時に「鍬を手にして夢見る人」になりたい宣言したが、そんな一年が始まっている気がするのです。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

お昼に入ったお蕎麦屋さんのトイレでも出来事。

 

用を足し洗面台の前で手を洗おうとしていた小学生が、水道の蛇口の下に手をかざし水が出てこないで困っている。

 

シンプルな水栓なのでひねりさえすれば水は出るのだが、自動水栓だと思っているのだろう。

 

小学生は一度も水栓に触れようともせず、しきりに蛇口の下でいろいろな手のかざし方をトライしている。

 

彼は手洗いの習慣がある子どもなのだろう。

 

でも、これまでの育ちの中で抜け落ちてしまったことがあるのだろう。

 

 

僕が後ろから手を伸ばし水栓をひねり水を出すと「あ〜〜」といって僕の顔を見て「ありがとう」と頭をちょこんと下げる。

 

どうみてもいい子だ。

 

だからこそ余計に複雑な気持ちになる。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

室蘭と苫小牧で講演の仕事の合間を縫って、先月の胆振東部地震で被災したはやきたこども園さんへ。

 

死者は出さなかったものの現場に立つと人間の力では抗うことなどできない地震の恐ろしさを再認識させられる。

 

地割れの生々しさが残る園庭では遊具が撤去されたり、ロープで立ち入り禁止した箇所が残っている。

 

 

新築したばかりの園舎の外観は全く普通に見えるが、実際は地盤面が落ち込み応急処置した状態。

 

 

井内園長先生から聞かせてもらった言葉の一つ一つは重く、少ない紙面ではとても書ききれないが、印象に残ったのは「命だけでなく、心も守る」姿勢だ。

 

お泊り会の最中、それも真夜中の大地震が起こったとき、その場にいた園長先生と副園長は目を合わせ、お互い「落ち着くこと」を確認したという。

 

その後、保育室に入ってきた職員にも「笑顔で!」ということをまず指示し、こどもたちに「揺れて、ビックリしたね、でも大丈夫だよ!」とパニくることなく対応したという。

 

大人だって怖かっただろう。

 

でも、子どもがいたことで保育士の専門性というか保育士魂が、子どもたちの安全基地や避難場所になったのだろう。

 

その後も 震災後も変わらず楽しい遊びを保障すること、怖い話は避けること、地震について語る子どもの話に耳を傾けることなどなどを行っているという。

 

建物や道路の復旧もさることながら、将来にも影響を及ぼすかもしれない 心のケアにも細心の注意を払い園運営をしている姿に感動すら覚える。

 

夕方の講演の中で「アタッチメント」について語る場面があった。

 

 

自分の中でわかった気になっていたアタッチメントだが、その重さ、大切さを再認識する機会にもなりました。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

自宅にある防災備品だけ車に持ち込みコンビニで買い物をして丹沢へ防災ピクニックへ。

 

 

気分を盛り上げるために一応、簡易なテントを立てて・・・調理開始。

 

ホットサンドとお湯を沸かす程度の鍋料理とアルミホイルを使ったなんちゃってランチ。

 

 

コンビニで売っているものを改めて見てみると、そこに置かれているものだけでも何でもできてしまうほど品ぞろえが良くてびっくり。

 

まあ、防災ピクニックという点では、コンビニでの食材は楽をしすぎですね。

 

 

でも、ただキャンプを楽しむのではなく、意識を「防災」にするだけで、ゴミの問題、そろえて置きたい備品などなど気付きも多い。

 

 

これから外ゴハンが楽しくなる季節です。

 

防災ピクニック楽しいですよ。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other