土曜日に行われる発表会の演出で使う秘密兵器。

 

 

子どもたちの笑顔がより輝いて見えると自負しております。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

毎月わらべうたを子どもたちに伝えてくれている久保先生(お世話になっていた浜先生のお嬢様です)が12月だけ特別に披露してくれるのがオペラ風紙芝居。

 

 

紙芝居を読む職員に合わせ久保先生がピアノを弾いてくれるミュージカルといった方がイメージが湧きやすいでしょうか。

 

今日の物語はグリム童話の名作「ヘンゼルとグレーテル」

 

 

お仕置きで森に行かされたヘンゼルとグレーテルは魔女に騙され捕らえられてしまうが、二人が力を合わせ魔女を倒し、自宅に戻るまでのドキドキハラハラ感を久保先生のピアノが盛り上げてくれる。

 

紙芝居が終わったら、みんなでわらべうた。

 

 

随分と「綺麗に遊べるよう」になってきたな〜と感心してしまう。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

昨日の「造形祭 〜小さな表現者展〜」では、小さなアーチストたちの表現活動を楽しんでいただけましたか?

 

 

職員の解説に耳を傾け、また、長時間にわたり作品の背景に想いを寄せてくれている保護者のみなさんに改めて感謝感謝です。

 

 

玄関ホールの15周年コラージュの写真とメッセージもありがとうございました。

 

 

カードの中身は明日にでもゆっくり読みたいと思います。

 

わらべうた、稲葉さん&安西さんのクリスマスツリーのワークショップ、また、クーベルチップさんの絵本の読み聞かせなどはどこも大盛況でしたね。

 

 

親子でアートする空間は時間を忘れて、熱中している感じが最高です。

 

 

異年齢クラスのひまわり畑の中の積み木体験も小学生や大人たちが活躍していました。

 

遊びは保育園児だけではもったいないですね。

 

 

また、今回もおもちゃ病院の皆さん、包丁研ぎを行ってくれた誉工務店さん、マルシェに参加してくれた自然養鶏春夏秋冬の檀上さんや おいしいはたけの冨田さんなどがイベントを盛り上げてくれました。

 

 

こういった人たちとの繋がりも実は子どもたちの表現活動の源泉になっていることをもっともっと伝えていきたいと思います。

 

そして、今回の異年齢クラスの巨大魚拓オブジェも家庭の支援なければ実現はできませんでした。

 

 

何があっても子どもたちに体験してもらいたいことがあったら、手間がかかろうが、時間がかかろうが、コストがかかろうが保護者や支援者を巻き込んで実現していく姿勢はこれからも崩さずに行きたいと思います。

 

くらき永田保育園の小さな表現者たちを育てるスタンスとしてご理解ください。

 

 

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

造形祭を10倍楽しむために見どころをどんどん紹介していこうと思っていましたが、あっという間に前日(汗)

 

さてさて、何を紹介しましょうか?

 

今回の造形祭で初のチャレンジは4歳児の「光と影」の展示。

 

 

人文字遊びから発展し・・・

 

 

光と影に興味を持ち・・・そして

 

 

どのようになるかは当日のお楽しみです。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

2017 亜土さんカレンダーが届いた。

 

 

得意とするピンクを基調にしたhappyな作品。

 

イラストの女の子も両手で描いているところが笑えます。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

今週末に迫った「造形祭 小さな表現者展」を10倍楽しむために、園長からの見どころ紹介。

 

まず、当日玄関に飾られると思われる「看板」

 

これって、誰が作っているの??

 

 

正解は園児全員の共同作業なんですよ。

 

乳児クラスは大好きな指スタンプでペタペタペタ。

 

3歳児になるとストローを使って吹き絵です。

 

そして、4.5才児になると画用紙を細かくちぎり、それを張り付け文字にしていきます。

 

作業風景も当日には写真で展示する予定です。

 

記念写真の一枚目はここからお願いします。

 

続いては、2歳児クラス。

 

様々な作品が展示されますが、自然物を使った表現活動が面白い。

 

 

保育園で育てたきゅうりの水彩画の筆遣いを見るだけでも楽しいのですが、きゅうりのごつごつ感をクレヨンで表したり、野菜のスタンプで黄色い花を描いたり、自分の好きな葉っぱで版画をしたり・・・「絵が楽しんでいる」が伝わります。

 

また、保育園の作品展でよくみられるデカルコマニーという技法(紙に絵の具を塗りつけ、それを二つ折りにしたりすることで、絵の具が転写され合わせ絵になる)は、偶然性などもあり、子どもたちも大好きな表現方法のひとつだが、今回の作品はこんな感じ。

 

 

シュタイナーのにじみ絵を彷彿させるような作品は、絵が上手い下手というよりも色彩の面白さを子どもに作用させている感じが実にイイ感じです。

 

異年齢クラスだけでなく、2階の乳児の保育室も見どころ満載ですよ。

 


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

今週末は「造形祭 〜小さな表現者展〜」は、子どもたちは、どのような作品をどのように飾るのかを考えるのも大切な仕事。

 

保育室に3メートル×2メートルの巨大な魚拓で作った”スイミー”を拡げ、展示方法について話合い。

 

 

毛糸を編んだ様々な作品を使って、海の中を表現していこうということのようだ。

 

 

上から見て、下から見て、横からも眺めて あ〜でもない、こ〜でもない・・・なかなか決まりません。

 

でも、そうだよね。

 

家族で釣りに行ったりして、集めた100匹以上の中から選んだ魚拓を並べ、小さな手で縫い付けて・・・

 

手を掛ければ掛けるほど、思い入れは強くなる。

 

友達の魚拓の場所まで把握しているのにはびっくりだ。

 

造形祭当日は、作品の展示ももちろんですが、製作の様子を撮った映像などを上映しますので、そちらとセットで楽しんでいただけたらと思います。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

卒園児のH君からのプレゼント。

 

 

園長塗り絵です。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

来週の造形祭 〜小さな表現者展 〜を迎えるにあたって職員に繰り返し伝えていること。

 

「保護者には、作品の出来栄えよりもプロセスを伝えるように!」

 

 

ついつい大人は、出来栄えを求め描くテクニックなどを教えたがるが、くらき永田保育園では「絵を描き、モノを作る」という行為自体が子どもの育ちに意味があると思っています。

 

心が動き、手を動かし、色や形を感じ、そして、また新たに描き続ける・・・その行為の中で意識やイメージや思考が繋がり想像力がが膨らんでいくのが「子どもの絵」

 

脳科学の分野で「子どもが絵を描くという行為は優れた思考のプロセス」と捉えているのも納得出来る。

 

また、子どもの自由で豊かな表現は、生活の豊かさや 感じ方の豊かさ無くして語れない。

 

日々の保育が豊かで、あらゆる出来事を新鮮に感じられるような生活をしていたら、子どもたちは必ず表現活動を起こしてくる。

 

逆にテクニカルな保育に走り、どの子も同じような絵が並んだりしていたならば、園長である僕は保育士に「いったい何を育てようとしているのか?」を問わねばならない。

 

描くというプロセスを語れるかどうかは保育者の力量の高さと比例するのかもしれない。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

「保育でもっと音を楽しく活用できないか?」

 

そんなことを相談している今井弦一郎さんが「SOUND8 Live & Lifepower Food @浅草橋」を行うというので潜入してきました。

 

今井さんは、シンセサイザーのデジタル音にクリスタルボールやディジュリドゥなどの倍音を組み合わせ、さらにバイオリンやギターなどの弦楽器の振動を融合させ、それに加え、村山さんの作り出すスタイリッシュな映像をいれていくというスタイルだった。

 

アンビエント音楽という範疇なのだろうが、味わったことのない心地よい感覚。

 

 

昨日は、料理研究家のSachiさんの創作料理を食べながらという贅沢なライブだった。

 

 

肉・魚・乳製品・卵などを使わない料理ということであまり期待していなかったのだが、ボリューミーなだけでなく、ハーブやスパイスを上手に使い実に美味しく、食べごたえのある料理になっていて正直衝撃的。

 

野菜・穀類・豆類はやはり侮れない。

 

ライブは2部構成、前半はCD化され、今までも演奏してきたもの、そして、後半は未完成ながら今井さんが挑戦しているという作品を中心に演奏は続く、ある人は瞑想にふけり、ある人は食入るように映像と音楽の世界を楽しみ、ある人は音に合わせ即興で踊る。

 

 

音の感じ方、楽しみ方は本来 このくらい自由なのだろう。

 

 

また、昨日は保育園の子どもたちでも心配なく扱えるのでなないかと ある楽器を紹介してもらった。

 

プロパンガスの入れ物のような頑丈な打楽器・・・面白い。

 

保育園生活の中で、「音を楽しむ時間を取りましょう」と設定活動するのは簡単だ、それを超えて子どもが、日常から「音」に働きかけて遊んだり、他の遊びと融合できるのか??

 

先日の15周年記念イベント「Cryptomeria」でもBGMでジャジーな音楽を流していたが、くらき永田の小さな挑戦は続きます。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other