カメ恐竜あ〜ちゃんが園長宅にホームステイして8日目、いよいよ今日が最後の夜。

 

 

最初は専用小屋の中で生活してもらっていましたが、リビングに放し飼いにしても運動タイム以外は特定の場所で「隅っこ暮らし」してくれることがわかり、ここ数日はすっかり放置状態。

 

 

おしっこもちゃんと迷惑が掛からないところで用を足してくれるし、お風呂も嫌がらずに入ってくれる。

 

 

一緒に生活してみて、子どもたちに人気がある理由が改めて実感した。

 

食べていても、寝ていても、そして、何もせずに何かを眺めている様子も可愛い。

 

最後の夜は、大好きなリンゴを分け合って食べました。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

2013年・・・11冊

2014年・・・12冊

2015年・・・14冊

2016年・・・14冊

2017年・・・14冊

2018年・・・10冊

 

そして、2019年は 9冊でした。

 

 

 

自他ともに認めるメモ魔ですが、2018年途中からメモ帳をB6からB5サイズに変えたこともあって冊数は少なくなった。

 

サイズを変えた理由はメモの取り方というか、記述する内容が変わってきたから。

 

以前は保育に使えるネタなどを忘備録のようにメモしていたが、最近はそれらの情報はスマホで管理し、もっぱらノートでは自分の頭の中の「思考の見える化」を図っているつもり。

 

「目の前で起こっている事実(ファクト) ⇒ 抽象化・構造化 ⇒ 転用・創造」

 

格好良くまとめるとこんな感じ。

 

9冊のノートを改めて見直してみると自分の興味・関心がよくわかって面白い。

 

昨年はコドモだけでなく、オトナの「学び」に関しての記述がやたらと多かった。

 

今日は2020年の仕事始め! 新しいノートに今日の想いを書き留めるところから始めよう。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!

ねずみとしということもあり、友人から紹介された戸部杉山神社(横浜市西区)に参拝してきた。

 

話題になっているのは社殿両側に立つ、こま犬ならぬ「こまねずみ」

 

 

ビックリしたのは、このこまねずみが保育園が開園した平成14年、さらに「・・・ご鎮座1350年を記念して・・・」という解説。

 

…という事は2002−1350=652!!

 

そんな由緒ある神社だったとは。

 

調べてみると出雲大社の祭神である、大国主命の分霊を祀られ、また横浜市唯一の「式内社」だ。

 

戸部杉山は実は横浜市でも大変格式の高い神社のようだ。

 

 

昔話『おむすびころりん』ではないが、ねずみは地中に棲んでいることから「根棲み=ねずみ」といわれるのだと以前聞いたことがあるが、僕のような地べたに這いつくばったところから見える景色を大切にしている人間は「根棲み精神」や「根棲み視点」が大切なのかなと気づかされる。

 

ぼくが好きなカヤックも海抜0メートルの景色が最高だし、最近自宅を「床生活」に変えているのももしかしたら繋がっているのではないか思えてきた。

 

「保育の神様は細部に宿っている」と口癖のように言っているが、保育の神様は地べたからしか見えない気がしてきた。


人気ブログランキングへ一日一回応援クリックをお願いします!


Link

日本一の園長目指して参戦中
一日一回応援クリックをお願いします!

幼児教育 ブログランキングへ

Recommend

Recommend

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Archive

Other